スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア2014 女子シングル

<<   作成日時 : 2014/03/29 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの世界選手権の女子シングルが27日にショートプログラム、29日にフリー演技が行われ、浅田真央が216.69点のパーソナルベストをマークして4年ぶりの女王となった。
 2位はソチ五輪5位のリプニツカヤ(ロシア)、3位は五輪銅メダルのカロリーナ・コストナー(イタリア)であった。
 日本勢は鈴木明子は6位、村上佳菜子は10位であった。海外勢の主な選手は4位はロシアのアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)、5位はグレイシー・ゴールド(アメリカ)、7位はアシュリー・ワグナー(アメリカ)、8位はポリーナ・エドモンズ(アメリカ)、9位は韓国のパク・ソヨンであった。
 浅田はショートプログラムで78.66点というバンクーバー五輪でキム・ヨナがマークした得点を上回る最高得点でトップに立つと、フリーではダブルアクセルで勢いがつきすぎたのか連続ジャンプに出来なかったのが痛かったが、コストナーがトゥループで転倒、ループが1回転となるミスが出てしまい、リプニツカヤも転倒があったり、プラス項目がなかなかなかったりとあったから、浅田の次の滑走のリプニツカヤの演技が終わった時点で優勝を確信した。
 浅田以外の優勝候補のコストナー、リプニツカヤはフリーで上記のようなことがあり優勝を逃した。鈴木明子は優勝の美を飾る演技を見せてリンクを去った。
 村上は演技を終わった時点(14番目)でトップに立ってほしかったが、パク・ソヨンを上回ることが出来なかったのが残念。
 これにより日本は来年の3枠を死守した。3枠は日本だけでなく、ロシア(リプニツカヤ2位とポゴリラヤの4位=6)とアメリカ(ゴールド5位とワグナー7位=12)も獲得した。2枠はイタリア(コストナー3位)、韓国(ソヨン9位)、カナダ(オズモンド11位)。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。五輪と比べると(NHKからの)プレッシャーからは解き放たれたのが目立ち、桜の咲き具合のポエム調合であった。 5.5
解説:八木沼純子、荒川静香。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:遠藤玲子、松村未央。浅田の態度が良く、遠藤も変なことをしなくて良かった。 インタビューspan style=color:#e00>6.0 リポート5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:国分太一。お前は邪魔。 4.0
 ショートプログラムは27日午後7時から8時54分、フリーは29日午後7時から9時50分までそれぞれ生放送であった。いずれも最終組とその前の組の演技が生中継された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界フィギュア2014 女子シングル スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる