スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界ジュニアフィギュア2014

<<   作成日時 : 2014/03/20 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月12日から16日までブルガリアのソフィアでフィギュアスケートの世界ジュニア選手権が行われた。
 女子シングルではエレーナ・ラジオノワが194.29点で圧勝して史上初の大会連覇を達成、浅田真央やリプニツカヤですら大会連覇はならなかったというのに。リプニツカヤはラジオノワに阻まれたのであったが。
 2位はセラファマ・サハノヴィッチ、3位はエフゲニア・メドベテワとロシアが表彰台を独占した。
 日本勢は宮原知子の4位が最高で、本郷理華は8位であった。
 男子はカナダのナム・グエンが217.06点で優勝、2位はロシアのアディアン・ピトキーエフ、3位はアメリカのネイサン・チェンであった。
 日本勢は宇野昌磨の5位が最高で、3年前の大会で表彰台(銀メダル)に上がった田中刑事は7位に終わった。
 日本は男女とも表彰台には上がれなかったが、来年の出場枠は最大限の3を獲得した。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。ポエムはフィギュアづいているなぁ、全日本だけでなく、四大陸、五輪、世界ジュニアと。 6.0
解説:八木沼純子。特になしであるが、本郷理華のときは全日本だと母親が同年齢のため触れられるが、今回はスルーされていたなぁ。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 放送は17日午前1時10分から2時40分まで放送され、女子は本郷と最終グループ6名のフリー演技、男子は宇野とグエンのフリー演技が流れたのと結果等が流れただけであり、日本勢はペアも出場があったが、男性が外国籍の人だったかなのかは不明であるがスルーされていた。ペアでは日本人女性が香港ペアの選手として出場していたのもいたがこちらもスルーされていた。





ワールド・フィギュアスケート 33
新書館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワールド・フィギュアスケート 33 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界ジュニアフィギュア2014 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる