スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチ五輪 フィギュアスケートペア

<<   作成日時 : 2014/03/06 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ソチ五輪大会5・6日目に行われたフィギュアスケートのペアを取り上げます。
 金は地元ロシアのタチアナ・ボロソジャール&マキシム・トランコフ組、銀もロシアのクセニア・ストルボワ&フョドル・キリモフ組、銅はドイツのアリョーナ・サブチェンコ&ロビン・ゾルコビー組であった。
 金のペアは完璧で236.86点で銀のペアに18.18点もの大差をつけた。サブチェンコ&ゾルコビー組は男性が序盤でジャンプで転倒、終盤も投げた時に女性が転倒とミスが相次ぎ、ショート2位から転落しバンクーバー五輪同様銅メダルに終わった。
 ロシアは前回メダルなしに終わっただけに覇権奪回をした形になったなぁ。
 日本勢は高橋成美&木原龍一組はショートプログラム18位に終わりフリーに進めなかった。
 1956年の全日本選手権男子シングル優勝者で解説や審判をしている杉田秀男が日本でペアやアイスダンスが盛んでない理由のひとつとして親御さんが子供である選手にやらせたがらないからだということを東京新聞にだったかなぁ?大会中に書いていた。ちなみに杉田は元TBSのスポーツ局長まで務めた人でフィギュアスケートがかつてTBSで放送されていたのはこのためなのかなぁ?

採点はNHKオンデマンド
実況:塩原恒夫(フジテレビ)。特になし。 6.0
解説:若松詩子。本職であるから以前世界選手権であった喋りすぎが懸念されたがそれはなかったというか目立たなかったなぁ。ソチ五輪では原田雅彦や三浦豪太や荻原健司といったあたりが喋りすぎて目立ったこともあるけれど。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 ショートプログラムは12日午前9時から10時35分、フリーは13日午前9時から10時55分までNHKBS1でそれぞれ録画放送されたものからでスタジオ部分はカットされていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ソチではフィギュアの他にショートトラック、カーリング、ボブスレー(長年F1を中継してるから?)を喋った塩原でしたが、カーリングのルールが心許ないような感じもありましたし、いつものポエムが若干出かかった感じもありましたが、全般的には「なんだ普通に喋れるじゃないか」と思いました。局に帰っても普通に喋って欲しい。それと30代前半以降(鈴木、中村ミツ、立本、谷岡など)の後進の育成は待ったなしの状況です。
ナベチン
2014/03/06 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチ五輪 フィギュアスケートペア スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる