スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチ五輪 女子カーリング 日本対スイス戦

<<   作成日時 : 2014/02/16 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ソチ五輪大会10日目、女子のカーリングの第7戦目となった日本対スイス戦を取り上げます。
 延長までもつれ込んで日本が9−7で勝利を収め、同時に行われたロシアが敗れたため日本は首の皮が一枚繋がった。
 日本は前戦のメンバーから吉田知那美がセカンドに復帰、苫米地美智子がリード、船山弓枝がサード、小笠原歩がスキップ、リザーブは小野寺佳歩という布陣となり、小野寺がインフルエンザで欠場していた時のメンバーと同じになった。
 第1エンドは後攻のスイスに予定通り1点を取らせ、第2エンドはスティールされて0−2、だが第3エンドで2点を獲得し同点。第4エンドは先攻となったが1点獲得、第5エンドは微妙であったが、ナンバー2は日本が獲得ということで2点を獲得し、前半を5−2とリードした。
 第6エンドは最後のスイスの1投で日本のナンバー2を押し出して一挙に3点挙げて5−5の同点となった。第7エンドは日本の後攻で2点を獲得しリード、第8エンドはキープ、第9エンドは予定通りスイスに取らせた。
 第10エンドで小笠原の最後の1投はナンバー1の位置に置けず同点とされた。
 第11エンドでナンバー1はどちらか微妙な位置にあったが、日本は後攻で今度は小笠原がきちんとナンバー1の位置に置いて2点を獲得してスイスを退けて、3勝4敗とした。

採点はNHK総合&Eテレ
実況:塩原恒夫(フジテレビ)。特になし。 6.0
解説:敦賀信人。特になし。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
スタジオ:松尾剛、西堀裕美、石崎琴美、三宮恵利子、皆川賢太郎。放送開始が入場時だったこともあり、スタジオは前半(第5エンド)を終えた時点でようやく登場、このときは三宮と皆川はいなかった。三宮はこの後の女子1500bでのコメンテーターとしての出場を早めた形か?皆川はアルペンの話がカーリングの試合後に出ていたのでそのためかなぁ。 5.5
 放送は16日午後7時から半まではEテレ、7時半から8時までは総合テレビ、8時から9時まではEテレ、9時からは総合テレビとなった。だいたい9時55分頃まで中継していた。
 これを書いている時点では女子1500bの小話、アルペンの小話と来て、スノボークロスの準々決勝のレースとなっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大河ドラマのわくぐらい、一回休みにするか、九時までEテレとかできないかなあ。ややこしい。
夜だるま昆布長
2014/02/16 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチ五輪 女子カーリング 日本対スイス戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる