スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチ五輪 スピードスケート男女1000m

<<   作成日時 : 2014/02/15 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ソチ五輪大会6日目に行われたスピードスケートの男子1000mと7日目に行われたスピードスケートの女子の1000mを取り上げます。
 男子1000mはシャーニー・デービス(アメリカ)の3連覇に期待がかかったが、同滑走のオランダのコーエン(1分09秒09の6位)にも遅れて8位(1分09秒11)に終わり3連覇はならなかった。
 日本勢は近藤太郎が1分11秒44の35位、山中大地は1分11秒93の36位であった。二人ともスタートから同滑走者に離されペースを乱され最後は落ちまくりゴールするという展開であった。
 金メダルはステファン・グロートィス(オランダ)の1分08秒39、銀はデニー・モリソン(カナダ)で1分08秒43、銅はミヘル・ムルダー(オランダ)で1分08秒74であり、オランダの表彰台独占はこの種目ではならなかったが金と銅は獲得した。
 女子1000mは小平奈緒に期待がかかったが、1分16秒45の13位に終わった。他の日本勢では住吉都は1分17秒68の22位、辻麻紀は1分18秒07の27位に終わった。
 前半で中国の張虹が1分14秒02のタイムを出したことで後半の選手は何かが狂ったのか、このタイムを上回る選手は出なく、張虹が金メダル、銀はイレーネ・ウースト(オランダ)で1分14秒69、銅はマーゴット・ボアー(オランダ)で1分14秒90であり、金は中国であったが、銀・銅はオランダ選手でオランダ旋風がこの種目でもあった。
 連覇を狙ったクリスティン・ビスネット(カナダ)は1分15秒62の9位に終わった。また転倒が二人出た。

採点は男子は日本テレビ、女子はテレビ東京
実況:冨坂和男(NHK)。男子はややテンションがどうかといったところ、女子はいい間違いというより何かつっかえる感じが時たま見受けられた。結局冨坂は石川のポジションのあとを受け継いだのだなぁ。2日にBS1で行われたと思われる五輪直前ワールドカップ中継(地上波は1日深夜から5日深夜まで放送された)にはアルペンで登場していたからアルペンかと思ったが... 5.5
解説:黒岩敏幸。メダルの期待が薄い種目だったこともあるからなのかは分からないが、バンクーバーの時よりかは印象が良くなっている。男子の時は北沢欣浩がスターターということで、スターターとしての解説もしていた。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー:特になし。 5.5

日本テレビ
スタジオ等:中・田中毅、外・清水宏保、荒川静香、徳島えりか。中と外に分ける必要があまり感じ取れなかったが。 5.5

テレビ東京
スタジオ:荻原次晴、須黒清華。荻原は前日の態度を反省するかのようなコメントをOPでしていたが、結局はしていないのではないかという態度だったかなぁ。 5.5

 男子は12日午後10時55分から13日午後0時55分まで、女子は13日午後10時54分から14日午前0時39分までそれぞれ生放送された。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
アルペンはここまでは坂梨が一手に引き受けています。
ナベチン
2014/02/15 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチ五輪 スピードスケート男女1000m スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる