スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチ五輪 ノルディック複合個人ノーマルヒル

<<   作成日時 : 2014/02/14 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ソチ五輪大会6日目、ノルディック複合個人ノーマルヒルが行われ、渡部暁斗が銀メダルを獲得し、リレハンメルの河野孝典以来となる20年ぶりとなる個人でのメダル獲得となった。
 前半のジャンプで渡部暁斗はトップと6秒差の2位、加藤大平は30秒差の4位、渡部の弟の善斗は46秒差の10位、永井秀昭は14位の48秒差でスタートなるポジションを得た。
 なおトップはエリック・フレンツェル(ドイツ)であった。2位と3位は21秒差となった。
 後半のクロスカントリーでは渡部はフレンツェルにすぐに追いついて2人でお互い先頭に立ってどちらかが金・銀となるように形成をしていた。3位以下は混戦で前半のジャンプでトップと1分差をつけていたイタリア選手が3位グループで先頭に立つこともあったので焦ったかもしれないが。
 決着は最後のスタジアムに入る前にフレンツェルが離してゴール、渡部が4秒2差の2位でゴールした。フレンツェルはワールドカップでも今シーズン成績がいいらしいから金メダルも順当扱いされているようである。
 3位争いはマグヌス・クロッグ(ノルウェー)であった。
 他の日本勢は渡部善斗が15位、永井秀昭は22位、加藤大平は31位であった。

採点はテレビ東京
実況:島田弘久(テレビ東京)。島田はバンクーバーに続いて2度目であるが、バンクーバーの時は押し込められた印象が強かったが、炸裂した方かなぁ特に日本のジャンプの時は。 5.0
解説:荻原健司。後日自身が反省していたが、特にジャンプでは日本人選手が跳ぶ度に雄たけびを挙げていた。クロスカントリーはジャンプと比べるとメダルは確実と見えたから少しはおとなしくなってはいたが。クロスカントリーでコースの設定から抜くのは至難の業とコメントしていたしなぁ。 4.5
カメラワーク:特になしというかなぁ。 6.0
キャスター:荻原次晴、須黒清華。渡部の銀メダルのレースが終わった後の荻原の嗚咽はネット上でも話題となっていて翌朝のヤフーで見る限り好意的なコメントが多かったが、ここでは関係者としては理解できるが、キャスターとしては仕事をしていないなぁ。それと後半のクロスカントリーの放送開始時に松岡修造のような態度だのネクタイが曲がっているだのという指摘を受けていたが、そんなの関係ないという態度とコメントをしていた。須黒の態度も好意的であったが、すぐにVTRに入ったからなぁ。 次晴4.0 須黒5.5
 放送は前半のジャンプは12日午後6時から7時28分、後半のクロスカントリーは12日午後9時から10時18分までそれぞれ生放送された。前半の競技開始前には前日のHPでメダルを獲得した2選手を呼んでインタビューしていた。また録画であるが荻原兄弟と渡部兄弟の対談も流れていた。

 荻原の解説を4点台にしましたので女子モーグルの三浦豪太とジャンプNHの原田雅彦の得点の整合性に問題が出てしまうので下げます。三浦は5.0から4.0、原田は5.0から4.5
 三浦は準決勝までは喋りは多かったものの解説は出来ていたので合算であの点数にしましたが、原田や荻原よりも上とするわけにもいかないからなぁということです。

 追記・テレビ東京の視聴率は10%を切っていたが、これはNHKでカーリングの日本対ロシア戦を中継していたからだと思う。俺は前半のジャンプは仕事であったため見る事が出来ず、家についてチェックすると渡部が前半2位ということでメダルの可能性が高いと思い、後半はリアルタイムで見ました。前半はその後録画しておいたのを見ました。



銀牙-流れ星 銀-コンプリートDVD(初回生産限定)
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銀牙-流れ星 銀-コンプリートDVD(初回生産限定) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチ五輪 ノルディック複合個人ノーマルヒル スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる