スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソチ五輪 フィギュア団体男子&女子&アイスダンスフリー

<<   作成日時 : 2014/02/10 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ソチ五輪大会3日目、新種目であるフィギュア団体の最終日、男子・女子・アイスダンスのフリー演技が行われ、ロシアが76ポイントで金、カナダが65ポイントで銀、アメリカが60ポイントで銅メダルを獲得、日本は51ポイントで5位、イタリアが52ポイントで4位となった。
 男子フリーでは町田樹が登場、プルシェンコの直後という事なのか躍動感がいつもより感じでなかったプルシェンコはおろか、4回転を全部決めたカナダのケビン・レイノルズよりも得点を下回り3位となり8ポイントに終わった。一応この時点で4位に浮上したが...
 女子フリーでは鈴木明子が登場、こちらは町田以上に精彩を欠く演技で何とかこらえた状態だったなぁ。ロシアのリプニツカヤはおろかアメリカのグレイシー・ゴールドにすら差をつけられ、イタリアのバレンティナ・マルケイよりも僅かとはいえ点が低く4位、7ポイント獲得となった。
 女子終了時点でアイスダンスのフリーを残しているとはいえ、ロシアの金メダルがここで確定した。
 アイスダンスはリード姉弟が登場したが当然ビリ。イタリアも低レベルであったが、それにも達したなかった。ロシアは3位で有終の美を飾った。
 カナダのバーチュ&モイヤー組はロシアの直後だったこともあるのかフリーダンスでも精彩を欠いた感じだったなぁ。1位はアメリカのデービス&ホワイト組であった。
 日本は5位に終わったのはペアとアイスダンスがよろしくなかったことに尽きる。シングルでも男子SPの羽生以外は精彩を欠いた部分があるが、それ以上にペアとアイスダンスのレベルがなぁ。分かってはいたが...
 ペアは個人戦でエストニアが国籍問題で枠を返上したため繰り上がりで出場権を得たし、アイスダンスも世界選手権で出場枠を得られず、予選会でペアと異なりこちらは取れたがその程度であり、クリスの膝がよろしくないという事情があるとはいえ、それだけでもない。
 年末に行われた全日本選手権でペアは1組、アイスダンスは3組しか出場できていないという層の薄さがモロに出た感じだなぁ。バーチュ&モイヤーだったかなぁ?以前NHK杯でアイスダンスに挑戦してくれというような趣旨の発言が出るくらい盛んでないことは外国でも常識になっているからなぁ。
 今回はシングルが男女とも3枠を獲得したから曲がりなりにもフリーに進めたが、ペアとアイスダンスを強化しない限りメダルはどう見ても無理だということが思い知らされた。

採点はNHK総合テレビ
実況:進藤潤耶(テレビ朝日)。特になし。 6.0
解説:本田武史(男子)、八木沼純子(女子)、若松詩子(アイスダンス)。特になし。 6.0
インタビュー:アーは塩原恒夫(フジテレビ)。完全に個人戦に目を向けたインタビューであった。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:工藤三郎、杉浦友紀。杉浦は戻ってきたなぁ。最初はNHKの特設スタジオであったが、途中から会場内に移動していた。 6.0
 9日午後11時55分から10日午前3時15分まで生放送された。男子・女子・アイスダンスの間は不正選挙とネット上で騒いでいる人が早くも出ているだけでなく、舛添の醜悶続出、舛添の池上彰のインタビューを拒否したと暴露されたりとの東京都知事選のニュースである程度の時間を埋めていた。ちなみに舛添には投票しませんでした。これで石原の2回目を最後に俺が投票した候補は当選していない。本当にどうでもいいですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソチ五輪 フィギュア団体男子&女子&アイスダンスフリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる