スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成26年初場所初日から3日目

<<   作成日時 : 2014/01/29 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大相撲初場所も白鵬の28回目の優勝で幕を閉じましたが、初日から3日目までを取り上げます。
 本当は稀勢の里の綱とりが話題であったはずであったが、初日から豊ノ島に敗れたため暗雲立ち込めたが、場所前の連合稽古で足を捻った報道があったことや白鵬にやられっぱなしにあったり、夜逃げ同然に部屋を移動するということがあったためハナからどうかと思ったが、そうなった。白鵬との稽古はさすがにNHKでも放送はしていたが...
 鶴竜は隠岐の海にやられたが、まさかこの後14連勝をして決定戦にまでいくとは3日目まで見る限り思えなかった。
 また初日は旭秀鵬が千代鳳を下した一番で取り組み中に流血したが、吹き出し方が尋常でなくかなりの出し方であった。このことはニュースにもなった。イケメン扱いされているようで、それに引っ掛けた放送がされていた。
 優勝旗返還があったが、日馬富士が休場ということで師匠の伊勢ヶ浜親方が代理で返還し、受け取るほうも理事長の北の湖理事長が休場したため、ナンバー2の事業部長である九重親方が受け取っていてお互い代理であった。
 2日目はカド番の琴奨菊は隠岐の海に土をつけられ早くも1敗となり、琴欧洲も勢に敗れた。勢は大関経験者から初の白星となった。
また2日目の幕内前半は西の力士が全て勝ち、宝富士がようやく東方力士として勝ち名乗りを上げた。結局マツコはこれが一番目だった出来事であった。
 3日目は琴奨菊は豊ノ島に敗れて連敗した以外は特になかった。

採点は初日と2日目はNHK総合テレビ、3日目(後半のみ)はラジオ第一
初日
実況:白崎義彦(幕内)、船岡久嗣(十両)。特になし。 6.0
解説:正面・北の富士勝昭、向正面・舞の海秀平、十両・関ノ戸親方(元小結・岩木山)。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:東・佐藤洋之、西・三輪洋雄、十両・藤井康生。特になしであるが、九州場所休場していた佐藤が戻ってきたなぁ。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

2日目
実況:藤井康生(幕内)、厚井大樹(十両)。特になし。 6.0
解説:幕内・二子山親方(元大関・雅山)、十両・甲山親方(元幕内・大碇)。大碇はまぁある力士でいい面があったのでプラマイゼロといったところか、雅山は横綱の土俵入りを見ていないことや片側ばかりが勝ち名乗りを上げることについての心境の弱さ、茨城県勢が優勝できない(雅山も茨城県の出身、武双山、稀勢の里を指していると思われる)ことなどをデーモンに突っ込まれていたが、解説はしていた。 6.0
リポート&インタビュー:東・大坂敏久、西・太田雅英、十両・佐藤洋之。特になし。 5.5
ゲスト:デーモン閣下。4年ぶりの放送席であったが、上記の雅山への突っ込み、旭天鵬への下半身の衰えを指摘するなど相変わらずであった。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0

3日目
実況:白崎義彦。特になし。 6.0
解説:北の富士勝昭。特になし。 6.0
リポート:向正面・田所拓也、花道・大坂敏久。特になし。 5.5
インタビュー:特になし。 5.5
 三瓶は3日目のテレビの西のリポートで初登場であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成26年初場所初日から3日目 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる