スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第67回福岡国際マラソン

<<   作成日時 : 2013/12/30 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月1日福岡の平和台陸上競技場を発着点とする福岡国際マラソンが行われ、日本の実業団に所属するマーティン・マサシが2時間07分16秒のタイムで初優勝を果たした。2位も日本の実業団に所属するジョセフ・ギタウが2時間09分00秒で入った。
 日本勢では川内優輝が2時間09分05秒のタイムで3位に入ったのが最高で、ロンドン五輪代表の藤原新は20.2キロ地点で途中棄権した。川内は2時間07分30秒の目標設定タイムに届かなかったが、来年のアジア大会の代表争いに名乗りを上げた格好となった。
 レースは16人の先頭集団が形成される。16キロ過ぎに藤原が遅れはじめ結局20.2キロで棄権した。中間地点で川内が先頭に立ったが、長くは続かず30キロではモグスがトップに立った。だがギタウが先頭を走り結局35キロ過ぎにはマサシがトップに出て結局そのままゴールした。
 佐藤敦之が今レースで引退し、タイムは2時間33分00秒の142位であった。川内優輝の弟である川内鴻輝も走り2時間24分13秒の32位であった。ちなみに高崎経済大学に在学中である。スイスのビクトル・ロスリンが体調不良で欠場していた。

採点はテレビ朝日
実況&リポート:1号車・進藤潤耶、スタート・清水俊輔、2号車・田上和延(九州朝日放送)、3号車・近藤鉄太郎(九州朝日放送)、給水地点等途中リポート・本間智恵、香椎折り返し・大西洋平、箱崎宮・寺川俊平。リポートをいれるときは絶叫調であった。中山が現場から外れたが進藤だったので心配は要らなかったかなぁ。 実況6.0 リポート5.5
解説:1号車・瀬古利彦、2号車・川嶋伸次、スタート・藤田敦之。なんといいますか。 5.5
カメラワーク:日本人を追いかけるほうに集中していたこともあるのか、トップ交代がおろそかになっていたなぁ。 5.0
 らくすぽさんコメントありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第67回福岡国際マラソン スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる