スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国高校駅伝大会2013

<<   作成日時 : 2013/12/30 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月22日に京都を舞台として全国高校駅伝が行われた。女子は25回の記念大会、男子は64回を今回で迎えた。
 午前中に行われた女子は今年も懸念された転倒が競技場であり、ハプニングがあったが、レースは3区で豊川がトップに立つとそのままゴールした。タイムは1時間06分54秒のタイムであった。
 2位は興譲館、3位は須磨学園、4位は昨年優勝の立命館宇治、5位は青森山田、6位は山梨学院大付属、7位常盤、8位は薫英女子学院となった。
 区間賞は1区(6.0キロ)は由水沙季(筑紫女学園・福岡)で19分28秒、2区(4.0975キロ)は福田有以(須磨学園・兵庫)で12分44秒、3区(3.0キロ)は加治屋ななこ(豊川・愛知)で9分33秒、4区(3.0キロ)は岡本春美(常盤・群馬)で9分10秒、5区(5キロ)はローズメリー・ワンジル(青森山田・青森)で15分29秒であった。
 また都道府県駅伝で高校生で1区区間賞を獲得した上原美幸(鹿児島女子・南九州)は1区20分08秒、区間17位と精彩を欠いて学校も23位に沈んだ。都道府県駅伝で活躍していた選手でいうと薫英で高松望ムセンビも2区で走り13分00秒区間7位、順位で5位に押し上げていた。
 午後に行われた男子は最後のトラックまで優勝争いが行われて、山梨学院大学付属が4校で争われた優勝争いを制して初優勝を果たした。タイムは2時間03分53秒。
 2位は大牟田、3位は伊賀白鳳、4位は世羅、5位は佐久長聖、6位は小林、7位は八千代松蔭、8位が学法石川となった。
 レースは小林が2区までトップを走って古豪復活であったが、3区で世羅が外国人留学生でトップに立つとトップを走っていたが、トラック勝負で敗れた。
 山梨学院大学付属は5千m13分台ランナー2人を擁し、1区の上田は山梨学院大学の上田監督の息子である。
 区間賞は1区(10.0キロ)は廣末卓(小林・宮崎)で29分45秒、2区(3.0キロ)は河野誉(小林・宮崎)で8分08秒、3区(8.1075キロ)はポール・カマイシ(世羅・広島)で23分20秒、4区(8.0875キロ)は川戸拓海(伊賀白鳳・三重)で23分07秒、5区(3.0キロ)では角出龍哉(伊賀白鳳・三重)と高園真徳(大牟田・福岡)の2名で8分47秒、6区(5.0キロ)は下史典(伊賀白鳳・三重)で14分27秒、7区(5.0キロ)は酒井雅喜(佐久長聖・長野)で14分31秒であった。

採点はNHK総合テレビ
女子
実況:三瓶宏志。特になし。 6.0
解説:山下佐知子。特になし。 6.0
リポート:1号車・横山哲也、2号車・浅井僚馬、バイク・高木修平。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

男子
実況:伊藤慶太。微妙な面もなかったわけではないが。 6.0
解説:尾形剛。特になし。 6.0
リポート:1号車・鏡和臣、2号車・松野靖彦、バイク・高木修平、第2中継地点・深沢健太、第3中継地点・與芝由三栄。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 男子は西脇工業の指導者による体罰問題も持ち上がったが、レース前に伊藤アナが触れていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全国高校駅伝大会2013 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる