スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS クラブワールドカップ2013 決勝戦&3位決定戦

<<   作成日時 : 2013/12/27 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 クラブワールドカップ2013の大会最終日である現地時間の21日に行われたマッチ8の決勝戦とマッチ7の3位決定戦を取り上げます。
 3位決定戦は南米勢として3年ぶりの決勝進出を逃したアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)がアジア代表の広州恒大(中国)を3−2で下して、何とか3位は確保した。
 試合は序盤から動き、2分にダルデリのゴールでミネイロが先制、しかし9分にムリキが決めて同点、15分にはコンカが決めて広州がリードする。でも前半終了間際にロナウジーニョが直接FKを決めて同点となり、前半を2−2で折り返す。
 後半は得点がなかなか動かず、41分過ぎになんとロナウジーニョが不運の反則で退場処分となり、ミネイロは10名で戦う羽目になったが、アディショナルタイムにルアンが決めてミネイロが勝ち越してミネイロが3位となった。
 決勝戦はバイエルン・ミュンヘンが初の開催国枠として決勝に進出したラジャ・カサブランカに2−0で勝利した。
 バイエルンは7分にダンテ、22分にチアゴが決めて得点を重ね、前半を2−0で折り返した。後半は前半のように上手くはいかずカサブランカの意地も見せるプレーも見られ、前半のほど圧倒という感じはなかった。バイエルンサポは後半はどう思ったのかなぁ?

採点は日本テレビ
実況:田辺研一郎(決勝)、中野謙吾(3位決定戦)。特になし。 6.0
解説:都並敏史、城彰二。リアクション系が目立ったときがあった。解説をしていたときもあったのに... 5.0
リポート:中野謙吾(決勝戦のみ)。特になし。 5.5
局のスタジオ:徳島えりか、田中毅、北沢豪、明石家さんま。さんまは最初からいた。田中は今年は実況せず、手越が現地へ行ったためその代わりに登場した。 4.0
会場スタジオ:フィリップ・トルシエ、手越祐也、鈴木健。手越は邪魔というか、何なのかねぇ?まさか国分がTBSの番組に4月から登場するからその代わりにスポルト狙っているのかなぁ?でもフジは宮根を日曜日に使っているくらいだから国分を降板させる気はないだろうなぁ。トルシエは穏やかになってきているなぁ。 5.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 FIFAのブラッター会長だか忘れたが、欧州でこの大会が盛り上がっていないことに不満を抱いていたようであるが、日本や中東での開催ならわかるって何なんだよ全く。欧州にとってはチャンピオンズリーグが最高峰という認識なんだろう、この大会よりも。昨年の大会のチェルシーはコリンチャンスに敗れて優勝しなかったことも忘れ去られているんだろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラブワールドカップ2013 決勝戦&3位決定戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる