スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本フィギュア2013 男子ショートプログラム

<<   作成日時 : 2013/12/21 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ソチ五輪出場権を懸けた全日本選手権が埼玉スーパーアリーナで開幕し、初日となる21日は男子ショートプログラム等が行われた。
 注目の第4グループでは町田樹がいい演技をして演技後のインタビューでも強い意志が感じ取れたので精神的にもいい緊張が出ているのかなぁ?
 これで焦ったのかどうかは不明であるが無良崇人はジャンプで大きなミスが2つ出てしまい、町田とは20点以上離されただけでなく2位につけることも出来ず、第3グループ終了時点でトップにいた宇野昌磨よりも得点が下であった。無良は演技前にコーチである両親にやたらスキンシップを求めていたあたり昨年の大会のように行かなかったのかなぁ不安が見て取れたてしまった。
 織田信成はジャンプで無良ほど大きくはなかったがミスが出たのが痛く、80点に届かなかった。
 最終グループは羽生結弦、高橋大輔、小塚崇彦と世界選手権でメダリスト獲得や全日本選手権を制した経験があるという共通項のある3名が続けて演技するという順番となった。
 羽生はミスなく進み国内基準とはいえ100点を超えるという得点を挙げてトップに、高橋はミスが出て演技後は今まで見せたことのない表情を見せて怪我の影響も出た演技だったかなぁ?
 小塚はジャンプも取り付けることでミスを最小限に抑えてことで何とかなったかなぁ。小塚本人は80点くらい得点が行けばいいと思っていたようであったが、まさかの90点獲得で羽生、町田に続く3番目となった。
 俺は小塚は高橋の得点の前後かと思い、いったとしても85点くらいかなぁと思ったが...
 ということでショートプログラムの順位は1位が羽生結弦の103.1点、2位が町田樹で93.22点、3位が小塚崇彦で90.7点、4位が高橋大輔で82.57点、5位が織田信成で77.72点、6位が宇野昌磨で72.15点、7位が田中刑事で71.78点、8位に無良崇人で71.25点であった。
 現実的にいうと羽生はGPファイナルでも金メダル獲得だから事実上1枠目を獲得したも同然で、ショートの点数からよほどのアクシデントがない限り全日本2連覇は固いだろう。
 町田も表彰台はこのまま行けばなんとかなりそうだ。3位に小塚と高橋の争いになりそうな感じであるが、小塚・織田・無良に関してはこの全日本で表彰台に上がらない限りソチ五輪は断たれるからなぁ。表彰台に上がって初めて選考にエントリーの資格が得られる状態だらかなぁ。
 無良は事実上難しいだろうなぁ、織田も本人がよほどいい演技をして、上の4名のうち2名以上がこけない限りやや難しそうだ。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。特になし。 6.0
解説:本田武史、荒川静香。特になしというか。 6.0
リポート等:遠藤玲子、三田友梨佳、松村未央。遠藤が戻ってきていたが、地味というか落ち着いてきたのか。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:国分太一。今年も出てくるのかよ勘弁してくれ。 4.0
 第4と最終グループの演技を珍しく生中継していたが、テレビに合わせてなのかグループ間の間が長すぎたなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本フィギュア2013 男子ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる