スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ2013

<<   作成日時 : 2013/12/10 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 国内女子ツアー最終戦であるリコーカップが11月28日から12月1日に宮崎カントリークラブで6451ヤード、パー72で行われ、大山志保がトータル279、9アンダーで2011年のマスターズGCレディース以来、2シーズンぶりの優勝、この大会だと2005年以来2度目の優勝を飾った。
 大山は3日目終了時点で首位と1打差の3位タイにつけていたが、最終日に1イーグル、6バーディ、2ボギーの66で回り2位のテレサ・ルーに4打差をつけての圧勝劇であった。
 しかし話題は何といっても森田理香子と横峯さくらの賞金女王争いで森田は12位タイ、横峯は1打差の7位タイとなり森田が逃げ切り形で初の賞金女王となった。日本人が賞金女王になるのは2009年の横峯さくら以来4年ぶりであった。
 ちなみに森田理香子は1億2667万5049円、横峯さくらは1億2537万1638円となり130万3411円差であった。また森田は23歳327日での賞金女王ということでこれも4年前の横峯よりも若く歴代4位での若さでの賞金女王となった。

採点は日本テレビ
実況:河村亮。河村だけのせいにするのはあれだが、とにかく森田対横峯の印象しかなぁ。最終日は大山もある程度はしたが。 5.5
解説:塩谷育代、山崎千佳代、松澤知加子。山崎と松澤はラウンド解説。特になし。 5.5
インタビュー:蛯原哲。男女ともツアー最終戦のインタビューアであったなぁ。 5.5
カメラワーク:全体に森田対横峯の印象だったからなぁ。 5.5
 放送は3日目11月30日午後4時から4時55分、最終日は12月1日午後3時から4時25分までそれぞれされた。3日目は特に森田対横峯でこの二人が終わるとようやく他の選手のプレーが流れた。最終日は3日目のような露骨さはなかったが、それでも中心に居た。
 また恒例である最終日のエンディングでは出場選手が全員集まり挨拶をしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ2013 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる