スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第46回日本女子オープンゴルフ

<<   作成日時 : 2013/10/08 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 10月3日から6日まで神奈川県の相模原ゴルフクラブ、東コース、6652ヤード、パー72で行われ、宮里美香がトータル288、イーブンで3年ぶり2度目の優勝を飾った。複数回の優勝は史上9人目だという。
 姉妹が3組出ることや中学生の予選通過等が話題となったが、主役は宮里美香であった。
 初日からトップに立つとそのまま行って3日目終了時点では5打差をつけて独走態勢に入っていたが、最終日の前半崩れている間に佐伯三貴らが追い上げてきてどうなるかわからない状態となった。15Hで宮里と同組の菊地絵里香がトップに立ったが、16・17番とボギーを叩いた。先に佐伯が1オーバーでホールアウトして、佐伯はプレーオフに備えていたが、宮里美香が最終18番でスーパーショットでバーディーとなり優勝を決めた。
 この宮里の劇的なショットはかなり報道され話題となった。
 昨年はアジア勢を中心に米ツアーで参戦している選手が多数出場していたが、今年は北京で初めての米ツアーが行われていたからなのか外国勢の出場は少なかった。
 1打差の2位には菊地と佐伯、ベストアマは松原由美の7オーバーであった。ちなみに松原は1999年2月22日生まれである。

採点はNHK総合テレビ
実況:宮田貴行(決勝ラウンド)、杉澤僚(予選ラウンド)。なんというか微妙になぁ。 5.5
解説:森口祐子、塩谷育代、小田美岐。予選ラウンドは塩谷がメイン、森口と小田がラウンド、決勝ラウンドは森口がメインで塩谷と小田がラウンドであった。塩谷は2日間ともOPでマイクミスが発生していたなぁ。 5.5
リポート:18H・早瀬雄一、向井一弘、インタビュールーム・杉澤僚(佐伯のプレーオフに備えたリポートを入れていた)。特になし。 5.5
インタビュー:アーは決勝ラウンドは杉澤僚、予選ラウンドは宮田貴行。特になし。 5.5
カメラワーク:ショットを放った時に軌道をカラーリングするのはどうだろうか?ただ宮里美香のスーパーショットがあったのでプラマイゼロにしたが。 6.0
 3日と4日の初日と2日目は午後3時15分から4時50分、5日の3日目は午後1時50分から4時35分、6日の最終日は午後1時05分から4時10分まで生放送された。1・2日目は全選手プレー終了まで放送しなかった。3日目は唯一の延長放送となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第46回日本女子オープンゴルフ スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる