スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第25回出雲駅伝

<<   作成日時 : 2013/10/16 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 学生3大駅伝の最初となる出雲駅伝が14日、6区間44.2キロで行われ、駒澤大学が2時間09分11秒の大会新記録で15年ぶり3回目の優勝を飾った。
 駒大と東洋の一騎打ちといわれた優勝争いの予想であったが、1区での出来が決着をしたといっていいかなぁ。
 1区でいつも出遅れていた駒大は中村匠吾がトップに立ち、以降1位を譲ることなくトップをひた走り、大会新記録での優勝を飾った。
 東洋大学は1区田口が駒大・中村と40秒差の6位だった影響もあり2時間10分17秒の2位に終わった。まぁそれでも5区で2位を走っていた日本体育大学を抜いて2位に浮上したから優勝候補の片鱗は見せていた。
 3位は箱根駅伝で優勝した日本体育大学(2時間10分59秒)でキャプテン服部は1区で走り区間2位であった。箱根を制した実力は現せたかなぁ。ここまでが次回大会のシード権を獲得した。
 4位は早大で、1区柳はブレーキ寸前状態になり9位で襷をつなぐと、その遅れを少しずつ取り戻し、最後は大迫傑で7位から4位まで順位を上げた。
 5位は昨年優勝の青山学院大学で常に4・5位を走っていてある意味安定はしていた。出岐がいなくなってどうなるかと思ったが、思ったほど落ちなかったというか2年生にいいのがいるからなぁ。
 6位は中央学院大学で2区から4区までは3位につけてダークホース的存在であったが、5・6区で順位を落とした。
 7位・明治、8位・法政、9位・順大、10位・中大であった。
 関東地区以外での最高順位は11位の京都産業大学であり、関東地区のビリは帝京大学の12位であった。広島経済大学がビリであったが、終始ビリであった。
 総合で駒大は大会新記録、区間賞は6区中3区間で区間新記録が出るという好記録となった大会であった。

区間賞は以下のとおりです。
1区(8.0キロ) 中村匠吾(駒澤大学) 23分25秒
2区(5・8キロ) 八木沢元樹(明治大学) 16分32秒
3区(7.9キロ) 村山謙太(駒澤大学) 22分36秒 区間新記録
4区(6.2キロ) 岡本雄大(中央学院大学) 17分46秒 区間新記録
5区(6.4キロ) 服部勇馬(東洋大学) 17分54秒 区間新記録
6区(10.2キロ) 窪田忍(駒澤大学) 29分52秒

採点はフジテレビ
実況&リポート&インタビュー:センター・竹下陽平、1号車・森昭一郎、2号車・鈴木芳彦、第1中継地点&6区出雲大社リポート・吉原功兼(関西テレビ)、第2中継地点・谷岡慎一、第3中継地点・廣岡俊光(北海道文化放送)、第4中継地点・藺草英己(福島テレビ)、第5中継地点・小田島卓生(東海テレビ)、OP&監督控室&優勝インタビュー・内田嶺衣奈。 ややという面が一部出たかなぁ。今回は地元の山陰中央テレビから出さなかったのかぁ。優勝インタビューは時間の都合で全員にすることはなかった。 総合すると5.5かなぁ。
解説:メイン・瀬古利彦、1号車・藤田敦史、バイク・金哲彦。 総合すると5.5かなぁ。
カメラワーク:特になし。 6.0
 中盤以降フジらしくCMが多く入った。放送は14日午後1時から3時25分までの生放送、全チームのゴールは入らずであった。ラジオは文化放送が予定されていたが、クライマックスシリーズ優先ということでインターネット放送の放送となった。
 この数ヶ月、鈴木芳彦の出番が増えたなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第25回出雲駅伝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる