スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界水泳2013 競泳初日

<<   作成日時 : 2013/08/25 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界水泳どころか世界陸上もとっくに終わってしまいましたが、世界水泳はシンクロは取り上げましたが、競泳はまだでしたのでこれから取り上げます。今回は7月28日に行われた競泳初日を取り上げます。
 初日は萩野公介の一つ目である男子400m自由形決勝で3分44秒82の日本新記録で銀メダルを獲得、金は中国の孫楊、3位はコーナー・イエガー(アメリカ)であった。
 女子4×100mフリーリレーでは上田春佳、山口美咲、内田美希、松本弥生で挑み、予選は全体の8位で決勝進出を果たし、決勝では7位に入った。金はアメリカ、銀はオーストラリア、銅はオランダであった。
 男子4×100mフリーリレーでは塩浦慎理、伊藤健太、藤井拓郎、小長谷研二で挑み、予選は女子同様全体の8位で決勝に進出、決勝では8位に終わったが、史上初の決勝進出となった。金はフランス、銀はアメリカ、銅はロシアであった。
 女子400自由形決勝は16歳のケイト・レデッキー(アメリカ)がただ一人4分を切るタイムの3分59秒82のタイムで金メダルを獲得した。日本の五十嵐千尋は全体の15位で予選落ちした。
 男子100m平泳ぎ準決勝は北島康介は1組3位となり全体の8位で決勝に進出した。昨年注目を浴びた山口観弘は予選で全体の20位となり準決勝に進めなかった。
 女子100mバタフライ準決勝では星奈津美は予選で全体の16位で準決勝に進出し、準決勝は1組で登場したが組8位、全体の16位で決勝に進めなかった。
 女子200m個人メドレー準決勝は予選を全体の9位で進んだ渡部香生子と12位で進んだ寺村美穂が挑み、渡部は全体の11位、寺村は全体の14位で決勝に進めなかった。
 また男子50mバタフライの準決勝が行われた。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉。特になし。 6.0
解説:高橋繁浩。あいも変わらず被せ芸を披露していたが、昔のような闇雲に被せるということはなく、ここ一番で被せるようになった。どうでも良いというか日本人が関らないレースではおとなしくなってメリハリが今まで以上についていた。 5.0
インタビュー:アーは松岡修造、吉野真治、清水俊輔。修造は萩野があまり喜ばなかったことについて疑問を持っていたようであるが、たくさんの種目に出ているのであるからイチイチ喜んでいられないというのが本音だったと思うが、理解できていないようであった。 修造5.0 吉野・清水5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:松岡修造。しかしスタジオ部分の相方が高橋繁浩で、見所が萩野ばかりで、等身大のパネルまで登場して盛り上げていたなぁ。 4.0
 放送は7月29日午前0時50分から3時05分までの第1部と午前3時05分から4時25分までの第2部があったが、この日の第2部はこの日のハイライトのリピートであった。まぁ第1部もこの日だけでなく連日リピートがしつこかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界水泳2013 競泳初日 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる