スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界陸上モスクワ 初日

<<   作成日時 : 2013/08/20 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界陸上モスクワ大会が終わりましたが、今回は大会初日を取り上げます。女子マラソンは既に取り上げたのでその他を取り上げます。
 男子1万メートルはロンドン五輪金メダルのモハメド・ファラー(イギリス)が27分21秒71のタイムで制した。日本勢は宇賀地強は15位、大迫傑は21位、佐藤悠基は6000m過ぎで棄権した。
 序盤は日本勢はついていったが、中盤で大迫は大幅に離され、宇賀地は粘ったが...だったなぁ。宇賀地は27分50秒79、大迫は28分19秒50のタイムであった。
 男子ハンマー投げ予選では前回金メダルの室伏広治は通過ラインの77mは突破できなかったが、全体の8位で決勝に進んだ。
 女子走り幅跳び予選ではロンドン五輪&前回大会金メダルのブリトニー・リースは予選12位のギリギリで決勝進出をするというおやっということが起きたが...
 男子100メートル予選では期待された日本勢でしたが、山縣亮太は10秒21、桐生祥秀は10秒31のタイムでともに組4着で予選落ちした。山縣は0秒01の差で進出を逃した。山縣はその後肉離れが発覚し、リレーには出場せず途中帰国した。

採点はTBSテレビ
実況:土井敏之(トラック)、初田啓介(男子やり投げ予選)、新タ悦男(女子走り幅跳び予選)、佐藤文康(女子3000m障害予選)。初日だからというのもあるのであるが... 5.5
解説:河野匡、高橋尚子(長距離)、金哲彦(障害走)、小山裕三(投擲競技)、石塚浩(跳躍競技)。特になし。 5.5
リポート:小谷実可子(ウォーミングアップフィールド)、室伏由佳(やり投げ)、為末大(短距離等)、高橋尚子(長距離、障害走)。室伏は兄とのツーショットがほしいだけの登場だったなぁ。 5.5
キャスター:織田裕二、中井美穂。しかし織田裕二は格好から言わなければいけないのはなぁ。いくらなんでもジーンズはないだろう、キャスターが。修造ですらコナカとの関係上びしっとスーツを決めているというのに。 0.5
カメラワーク:CG(こけしとボルト)は邪魔だなぁ、スポンサーもああいう形で出されていることに不満はないのかなぁ? 5.0
インタビュー:アーは安藤あや菜。特になし。 5.5
 放送は10日午後3時から11日午前2時10分までの放送であったが、都合によりマラソンの少し前から見ました。あしからず。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界陸上モスクワ 初日 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる