スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界卓球2013 5月18日

<<   作成日時 : 2013/07/03 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界卓球2013パリ大会、大会5日目は男子シングルス4回戦、女子シングルス準々決勝・準決勝、男子ダブルス準決勝、ミックスダブルス準決勝・決勝が行われた。
 男子シングルス4回戦は松平健太はベラルーシのサムソノフに4−3(3−11、15−13、12−14、11−8、11−9、3−11、11−8)で勝利した。欧州の強豪らしい強さを見せたが松平も勝負を挑んで勝利したというところかなぁ。男子シングルスは中国勢が5名、松平、ドイツがボルともう一人がベスト8に入ったという。
 岸川聖也はドイツのボルに0−4(6−11、7−11、4−11、3−11)とストレート負けした。
 丹羽孝希は中国の馬龍に2−4(5−11、11−9、7−11、11−9、4−11、7−11)で敗れた。
 男子ダブルス準決勝は岸川聖也&水谷隼組は中国の馬琳&ハオ帥組に0−4(7−11、9−11、10−12、12−14)で敗れた。取れそうで取れなかったゲームでズルズルだったかなぁ。
 ミックスダブルス決勝が行われ、中国勢が姿を消していて南北朝鮮対決となり北朝鮮のキム・ヒョクボン&キム・ジョン組が韓国のイ・サンス&パク・ヨンスク組に4−2(11−6、11−8、11−3、6−11、8−11、11−7)で下して初優勝を果たした。
 しかし韓国ペアは3ゲーム立て続けにとられてしまっては2ゲームとり返したとはいえ不利な状況は限界があった。
 
採点はテレビ東京
実況:斉藤一也(松平健太4回戦、丹羽4回戦、水谷&岸川準決勝)、中川聡(岸川4回戦、ミックスダブルス決勝)。特になし。 6.0
解説:宮崎義仁(松平健太4回戦、丹羽4回戦、水谷&岸川準決勝、松下浩二(岸川4回戦)、樋浦玲子(ミックスダブルス決勝)。宮崎は乗ってきていた。松下は特になし。樋浦はもし日本勢が勝ちあがったらだったなぁ。 宮崎4.5 樋浦5.5 松下6.0
インタビュー:特になし。 5.5
キャスター:福澤朗、秋元玲奈。福澤は東京タワーの特設スタジオから登場していた。秋元はパリの現地から。 5.0
カメラワーク:特になし。 5.5
 5月18日の午後10時から19日午前0時20分までと19日午前2時半から4時35分までの2部構成。1部では松平健太と丹羽のシングルス4回戦、丹羽は第2ゲームより。2部ではダブルスの準決勝戦と岸川の4回戦、ミックスダブルスの決勝戦(第4ゲームから)がそれぞれ放送された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界卓球2013 5月18日 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる