スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本ゴルフツアー選手権2013

<<   作成日時 : 2013/06/26 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月20日から23日まで茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブ西コース4402ヤード、パー72を舞台に日本ツアーのメジャーであるツアー選手権が行われ、小平智がトータル274、14アンダーで初優勝を果たした。
 この大会は松山英樹と石川遼が予選ラウンドで同じ組で回ることが最初注目された。初日は松山が67で回り、石川が80でビリ発進、2日目は松山が72でイーブン、石川が65で猛烈な追い上げを見せたが、石川は初日のスコアが悪すぎて1オーバー、72位タイで予選落ちした。
 石川以外の予選落ちは、昨年優勝の藤本佳則、小平・藤本と同じ年の薗田俊輔らがいた。ジャンボ尾崎は初日終了後に棄権、中嶋常幸は指を痛めたとかで初日のプレー前に棄権した。
 松山は2・3日目イーブンで回ったためか、最終日67で回ったものの優勝に絡むまでには行かず10アンダーの7位タイに終わった。
 初日は趙a珪が65でトップに立ったが、2日目に72を出すと順位を下げて、結局5アンダーの26位タイに終わった。2日目終了時点でトップに立ったのは2日目64で回った朴銀信であった。しかしこの朴も3日目に75を叩いて優勝戦線から脱落し結局9アンダーの10位タイに終わった。
 小平が優勝戦線に躍り出たのが2日目で、2日目終了時点では2位と23も順位を上げて、3日目でトップに立った。最終日は6番までに4つのバーディ、10番でイーグルを出すなどして12番以降はずっとパーで70で回った。
 小平と共に争ったのが、S・K・ホ、藤田寛之、キラデク・アフィバーンラトで藤田は17番でトリプルボギーを叩くなど終盤崩れて後退し、ホは17番でのボギー、アフィバーンラトは9・13・15番でのボギーがそれぞれ痛かったかなぁ。

採点はNHK総合テレビ
実況:工藤三郎。特になしであるが、工藤は1日で60歳になったが、退職することなく、嘱託にもなっていないようでアナウンサー職を続けている模様でらる。NHKは体操に限らず昔と比べると短いスパンで実況を交代させるケースが多くなったが、工藤には今年もゴルフの実況をさせているなぁ。 6.0
解説:加瀬秀樹、羽川豊、田中泰二郎。羽川と田中がラウンド解説。3日目は放送時間内に競技が終了しなかったため、昨年のような捕獲行動は起こさなかった。田中は最終日に韓国選手のOBかどうかのリポートは良かった。 6.0
リポート:15H・田中秀樹、17H・飯塚洋介、18H・伊藤慶太、クラブハウス・宮田貴行。特になしであるが、宮田は3日目に中断があったため、クラブハウスからのリポートが入った。 5.5
インタビュー:アーは宮田貴行。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 放送は地上波分だけでとりあえず、3日目は22日午後1時50分から5時、最終日は23日午後1時50分から4時10分までそれぞれ中継された。
 3日目は午後1時09分から3時44分まで中断があったため、時々クラブハウスからのリポートが入るときがあったが、アマルフィー、北マリアナ等の映像が流れていた。全選手の競技が終了することなく放送が終了したが最終日は放送時間を10分延長してインタビュー、解説者の振り返りまで入れた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本ゴルフツアー選手権2013 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる