スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界卓球2013 5月16日

<<   作成日時 : 2013/06/18 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界卓球2013の記事アップが遅れていますが、今回は大会4日目である5月16日の分を取り上げます。
 男子シングルスの2回戦、女子シングルスの3回戦、男子ダブルス1・2回戦、女子ダブルス2回戦、混合ダブルス3・4回戦が行われた。
 女子シングルスの3回戦は石川佳純が北朝鮮のリ・ミョンスンに0−4(10−12、8−11、9−11、5−11)で敗れた。この試合は石川が何でだろうという感じで読まれており、そのまま立ち直す事ができず敗れた。
 平野早矢香は中国の李暁霞に0−4(4−11、6−11、4−11、6−11)で敗れた。こちらはある意味順当と言いますか。
 その他松平3きょうだいの一人として注目を一部で浴びた松平志穂はシンガポールのフォン・ティエンウェイに0−4(6−11、6−11、10−12、3−11)で敗れた。順当とも言えるがスコアを見ると第3ゲームで競っていたため、もし取ったらどうなっていたのかなぁとも思える。
 藤井寛子はウクライナのビレンコに2−4(5−11、10−12、11−8、11−8、9−11、10−12)で敗れた。3回戦で一番ほしかったのはこの試合だったのかなぁ?4名の敗戦により女子シングルスは3回戦で全て日本勢は敗れたことになる。
 男子シングルスの2回戦は松平健太が北京五輪金メダルの馬琳に4−1(11−5、11−7、11−4、12−14、11−7)で下した。松平が馬琳に仕事をさせなかった。しかし第4ゲームでは元五輪王者の意地を見せたが、最後は尽きた。馬琳は世界選手権でのシングルスの優勝がないということで今回が最後の挑戦とも言われたが、結局世界選手権のシングルスはタイトルを取れずに終わるのかなぁ。
 張一博はスカチコフ(ロシア)に4−1(13−11、11−5、11−7、9−11、11−6)で勝利した。
 岸川聖也はオーストリアのフェゲルルに4−2(7−11、11−8,11−7,11−8、10−12、11−2)で勝利した。
 丹羽孝希はバイコフ(ロシア)に4−3(8−11、11−6,11−7、7−11、9−11、12−10、11−9)で何とか下した。
 高木和卓は韓国のチョ・オンレに3−4(12−10、11−13、21−19、11−6、6−11、6−11、8−11)で敗れた
 女子ダブルス2回戦は福原愛&平野早矢香組は台湾の陳思羽&劉馨尹組に4−1(11−5、7−11、1−7、11−8,11−4)で下した。
 石川佳純&森薗美咲組はフランスのレノン&マリエ組を4−0(11−5、11−4、11−9、11−8)で下した。順当であったが、3・4ゲームは競った形となった。
 藤井寛子&若宮三紗子組はフランスのアバ&グルンディシュ組に4−1(12−10、11−7、9−11、11−7、11−6)で下した。
 男子ダブルス1回戦は岸川聖也&水谷隼組はポーランドのパウエル&ワン・ツォンイー組に4−1(11−9、11−6、11−6、4−11、11−6)で下した。
 張一博&松平賢二組はインドのダーラン&ヨン組を4−0(11−6、11−3、11−8、11−3)で下した。
 男子ダブルス2回戦は松平健太&丹羽孝希組はクロアチアのガチーナ&コラレフ組に4−0(11−6,11−9,11−8,11−5)く順当に下したが、クロアチアペアはいいガタイをしていた。
 岸川聖也&水谷隼組はルーマニアのクリシャン&フィリモン組に4−0(11−9、11−5、11−4、11−3)で下した。
 張一博&松平賢二組はフランスのマテネ&ロビノ組に4−1(11−6,11−9、9−11、11−8、13−11)で下した。
 混合ダブルス3回戦は岸川聖也&福原愛組はトルコのワン・ボラ&フー・メレッキ組に1−4(9−11、11−6、8−11、7−11,8−11)で敗れ2大会連続のメダル獲得はならなかった。
 吉村真晴&石川佳純組も韓国のイ・サンス&パク・ヨンスク組に1−4(11−8、5−11、11−13、5−11、9−11)で敗れた。
 松平賢二&若宮三紗子組はルーマニアのイオネスク&セーチ組に4−1(11−7、11−7、11−9、5−11、9−11)で下して日本勢唯一の4回戦進出を果たしたが...
 混合ダブルス4回戦で松平賢二&若宮三紗子組は北朝鮮のキム・ヒョクボン&キム・ジョン組に2−4(11−5,11−2、6−11、7−11、6−11、7−11)で敗れて、混合ダブルスの日本勢は全て敗れ去った。

採点はテレビ東京
実況:福澤朗(福原&平野2回戦)、植草朋樹(石川&森薗2回戦、石川3回戦、平野3回戦)、斉藤一也(丹羽&松平2回戦、松平健太2回戦)。福澤はイチイチ樋浦に心理状況を聞きすぎで樋浦が回答に困ることが常態化していた。 福澤4.5 植草・斉藤6.0
解説:樋浦玲子(福原&平野2回戦、石川3回戦)、近藤欽司(石川&森薗2回戦、平野3回戦)、宮崎義仁(丹羽&松平2回戦、松平健太2回戦)。樋浦は上記の福澤に巻き込まれた感じであった。近藤は森薗のことを石川は「モリモリ」、森薗は石川のことを「石ちゃん」と呼んでいることに対して「イシイシ」じゃないのかと今大会唯一ギャグ?らしい発言があった。宮崎はその後の応援醜態を見せていたが、松平健太対馬琳戦では思ったほどではなかったなぁ。 樋浦5.0 近藤・宮崎5.5
インタビュー:福澤朗、秋元玲奈ら。特になし。 5.5
キャスター:福澤朗、秋元玲奈。特になし。 5.0
カメラワーク:テロップがなぁ。 5.5
 5月16日午後10時から11時54分までは福原&平野組2回戦、石川&森薗組2回戦、丹羽&松平組2回戦の試合が放送された。
 5月17日午前0時40分から3時までは石川・平野のシングルス3回戦、松平健太対馬琳のシングルス2回戦の模様が放送された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界卓球2013 5月16日 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる