スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年4月のスポーツ中継を振り返る

<<   作成日時 : 2013/05/09 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月も既に9日となりましたが、4月のスポーツ中継を振り返ります。
 4月は99中継採点しました。
 競技別内訳は野球33(セ20、パ4、メジャー1、選抜8)、サッカー9(ACL6、J1・2、プレミア1)、ボクシング5、柔道2、プロレス9、大相撲4、ゴルフ9、卓球3、ボートレース1、競馬4、ラグビー1、バレーボール5、フィギュアスケート4、スノボー1、カーリング8、スピードスケート1。
 放送媒体別内訳はテレビ60(NHK10、日本テレビ9、TBS12、フジテレビ7、テレビ朝日13、テレビ東京4、毎日放送2、東海テレビ1、北海道テレビ1、テレビ埼玉1)、ラジオ28(NHK6、TBS4、文化放送1、ニッポン放送7、ラジオ日本3、CBC1、朝日放送4、NACK2)、ネット17(全てNHKオンデマンド)。
 ひとつの中継でテレビ&ラジオというのがいくつかあり放送媒体別合計と中継数は一致しません。
 4月も多かったが、プロ野球、ゴルフシーズンが本格的に始まったことや、3月以前からの分の吐き出し(プロレス、大相撲、カーリング等)、昨年はなかったサッカーのアジアチャンピオンズリーグも加わったしなぁ。
 4月のトピックスはプロ野球、ボクシングかなぁ大きなのは。
 プロ野球は地上波での中継は昨年と比べると大幅に数が変わったとはいいがいたと思われるが、ファイターズ戦が週末にいくつか放送されるようになった。これは大谷目当てとしか思えない。
 4月のプロ野球中継だといつもの年だと番宣での芸能人のゲスト出演が多いのであるが、今年は非常に少なかった。その代わりに話題となったのは中居正広の副音声ではあるが、実況挑戦だろう。この日は副音声がいつもより多く地上波の中継で入り込んでいたという。実況はアナウンサーでないからアレだけれど...日テレで以前挑戦した亀梨は一応アナウンス部からレクチャーを受けた感じはしたが、中居はそれをまったく感じなかった。当然東京新聞には批判の投書が掲載され、ジャニーズ事務所所属タレントがスポーツ中継に登場することに絡めての批判であった。
 昨年文化放送を定年退社後どうなるのか分からなかった菅野詩朗は今季はフリーアナウンサーとして文化放送のプロ野球中継に登場する。ホークス戦にリポーターとして登場していたという報告を受けました。昨年募集した文化放送のアナウンサー募集は菅野の定年退職に伴うものだと思っていたら採用されたのは女性2名で、上野の復帰もなく、砂山はスポーツ中継に本格的に戻ることなく普通のワイド番組等の担当になったし、フリーの立場で出演していた広瀬隼也は広島ホームテレビ入りしたから、菅野を続投させたのかなぁ?
 ライオンズナイターではスタンドリポーターは今季は廃止となり、有馬香は昨季で降板したことになる。ホームランナイターは今季から日曜日は不定期になった。
 ニッポン放送は栗村智がプロ野球中継に復帰、WBCに登場しなかったテレビ朝日の中山貴雄はプロ野球シーズンになるとラテ欄に名前があったからプロ野球担当は外れなかったということでいいのかなぁ。
 TBSでは清水大輔が深夜というか早朝番組を週一で担当するため、スポーツ実況の機会が今まで以上に減ると思われる。まぁ清水は数年前からデスク業務を担当しているらしく小笠原が清水がいろいろ仕事を回してくれるとラジオで発言していたことが以前あった。佐藤や杉山が出てきたこともありサッカーの実況も減っただけでなく、昨年からラジオのプロ野球中継も表カードのローテーションも初田に交代する形で降りてしまい、やっても裏送りが中心と思われる。
 プロ野球解説者は変更があったが、田淵がひっそりとTBSに復帰、変化が大きく見られたのはニッポン放送や毎日放送と思われる。板東英二や掛布雅之が降板したからなぁ。代わりなのかニッポン放送には高津臣吾や宮本和知が加わった。金本は立浪と同じような契約と思われる。
 ボクシングはTBS、日本テレビ、フジテレビと3日続けてゴールデンタイムで中継されたが、TBSは土井の実況についてチャレンジャーのパンチをスルーした事が話題となっていたが、いつものことだしなぁと俺は思った。試合自体は亀田が一番しょっぱかった。
 日本テレビはバラエティーの中のひとつとして行われた。開始前と試合後に元世界チャンピオンが勢ぞろいしボケ合戦を行っていた。試合中は副音声で登場していたというが、渡嘉敷が一番やっちゃったらしい。この日の日テレの中継は実況が酷かった。メインが何故か中野、深夜録画になった試合では上重が担当するという普段の日テレボクシング中継ではめったにない実況陣となった。残りは田中毅が担当していた。東京新聞に中野の実況ともども放送スタイルに対して批判の投書が掲載されていた。
 フジはBS番組の延長という形であったらしいが、元世界チャンピオン勢ぞろいは日テレと同じであり、井上の試合と村田のプロテストが内容であった。視聴率は亀田が一番あったというのは俺には解せない。日テレが一番あってしかるべきと思う。
 柔道中継は男子が豊原、女子が大田に替わり、三瓶が降板した。三瓶はロンドン五輪で一皮向けたと評価されたのでその後も見てみたかったが、降板はもったいない気がした。もう1・2回五輪で柔道実況を見てみたい気がしたが...パワハラや不正受給等に関してスルーするわけにもいかず中継で触れていた。
 柔道で思い出したが、道谷眞平がラジオの午後の番組(午後のまりやーじゅ)を担当するため、スポーツ実況は降板という形に事実上なる。
 水泳は土日は地上波生中継で木金の1・2日目はBSでは生中継、地上波では深夜録画放送となった。アナウンサーは昨年と結構替わっていた。
 テレビ東京の競馬中継(ウイニング競馬)のスタジオ部分が変わり、井森美幸、須黒清華が降板、代わりに斉藤慎二(ジャングルポケット)、植田萌子が登場、須黒は「出没!アド街ック天国」のアシスタントに昇格した。ちなみに「出没!アド街ック天国」に2月か3月だったと思うが、うちの近辺が取り上げられていた。またもっと昔であるが、うちの取引先が別の街を取り上げた時に登場していたという。
 ゴルフでは今年も日刊ゲンダイがマスターズ中継に関してイチャモンをつけていた。日本の男子ツアーはタイで既に開幕しているが、日本国内では4月からとあって4月から開幕と中嶋常幸はレギュラーのラジオで勘違い発言をしていた。
 昨日エントリーした4月の首都圏ラジオを振り返るで蝮のコーナーの出来事等を書き忘れていましたので追加しました。よければご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年4月のスポーツ中継を振り返る スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる