スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート国別対抗戦2013 3日目

<<   作成日時 : 2013/04/13 23:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの国別対抗戦大会3日目、女子とペアのフリー演技が行われ、順位が決定した。優勝は57ポイントのアメリカ、2位は51ポイントのカナダ、3位は49ポイントの日本、4位は39ポイントのロシア、5位は35ポイントの中国、6位は31ポイントのフランスであった。
 女子はSP2位の鈴木明子がフリーでPBを出して合計199.58点で1位となり逆転した。浅田真央は転倒はなかったが、今日もトリプルアクセルはうまくいかずダブルになっていた。転倒はなかったが...ジャンプ以外は良かったのかなぁ、デモ順位を上げることはできなかった。
 フリーが好調であったのはアメリカ勢の二人で、ワグナーはアップしていた髪が解けるというアクシデントはあったが、フリーでPBをマーク、ゴールドもサルコウでダブルにはなったが、それ以外は良かった。ワグナーが2位に上がり、グレイシーは3位であった。
 ロシア勢はSP1位のソトニコワはその前に滑った鈴木明子で他の国の選手ですらオーラスという感じになって鈴木のキスアンドクライで他の国の選手が乱入するということがありそういう意味でかわいそうだったかもしれない。そういう感じだったからなのか、イマイチに感じた。トゥクタミシュワも100点をフリーでようやく超えた位であった。
 李子君はSPはややという感じだったらしいが、フリーでは非常によくなり6位に入った。
 ペアは今季の世界選手権&グランプリファイナル金メダルのタチアナ・ソロボジャー&マキシム・トランコフ組(ロシア)が210.47点と2位に19.32点差もの大差をつけて1位、ソロボジャー&トランコフ組は今季負けなしでシーズンを終了した。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、大西洋平(ペア)。特になし。 6.0
解説:荒川静香(女子)、若松詩子(ペア)、若松はショートと比べると過剰さが出てきた。 5.5
インタビュー:角澤照治。特になし。 5.5
リポート:竹内由恵。特になし。 5.5
キャスター:松岡修造。特になし。 5.0
カメラワーク:特になし。 6.0
構成:3時間近く放送時間があったんだから、女子とペアの全員のフリー演技放送できただろうまったく。で昨日までの演技等で時間を潰して演技は女子はカナダの1名を除く11名、ペアは優勝の1組しか流さないって一体何をしているのか... 4.0
 直接関係ないけれどテレ朝は上山が留学で出演番組を全て降板して、スーパーJチャンネルのメインの女性は大西の同期の野上の嫁の八木になったのかぁ。大西はモーニングバード出ているのにスポーツ中継にも借り出されているなぁ。3月23日は他のプロレス班のアナが皆出払って大西が一人で実況を担当、そういえば改めてみると大西だけだったなぁこの日は。系列のKBCの3年派遣は女子だけかぁ。工藤悟は3年持たずに退職したからなぁ。工藤も実況で機会が将来あるかと思ったが、リポート(ラジオでの福岡国際マラソン)だけだったなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート国別対抗戦2013 3日目 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる