スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート国別対抗戦2013 初日

<<   作成日時 : 2013/04/11 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートのシーズン最後を飾る国別対抗戦が代々木体育館で始まり、初日は開会式と男子・女子・アイスダンスのショートプログラム(アイスダンスはショートダンス)が行われた。
 世界選手権終了後なのでアイスダンスは有力選手が欠場するなどあったが、それ以外はそれなりの選手が出場していた。
 今回の出場6カ国は日本のほかはアメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国である。前回と比べるとイタリアと中国が入れ替わったという形になっている。
 世界選手権後の大会ということでミスが全般的に多かったが、そんななか女子のロシアのアデリナ・ソトニコワは67.13点でトップに立ち、鈴木明子が66.56点で続いた。グレーシー・ゴールド(アメリカ)が60.98点で3位につけた。この3名が60点を超えた。
 浅田真央は直前練習でオヤッと思ったが、案の定というべきなのか、本番でトリプルアクセルを失敗して59.39点で5位発進であった。ロシアはソトニコワは非常に良かったが、トゥクタミシュワはミス連発で49.94点と50点すら届かず10位であった。
 男子はパトリック・チャンが86.67点でトップ、高橋大輔は80.87点で2位につけた。無良崇人は5位、男子の出場選手で唯一4回転をプログラムに入れなかったジェレミー・アボットは4位であった。ケビン・レイノルズは非常にミスが目立ち9位、ジュベールは8位につけた。男子はチャンですら転倒したりとミスが出た。
 初日を終えた段階で日本が暫定1位となった。日本はペアは出場しないため優勝は難しいと思われる。
 昨年の日本の応援は小塚が山田満知子コーチをいじるプラカード(満知子DX)が目立ったくらいであったが、今年は高橋大輔を中心にパフォーマンスを充実させてきているなぁ。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、進藤潤耶(男子)、清水俊輔(アイスダンス)。特になし。 6.0
解説:荒川静香(女子)、佐野稔(男子)、河合彩(アイスダンス)。佐野は体罰問題で一時にぎわせていたが、そのことについてはスルーされていた。 5.5
リポート:竹内由恵。特になし。 5.5
インタビュー:角澤照治。特になし。 5.5
キャスター:松岡修造。まぁいつもの通り。 5.0
カメラワーク:特になし。 6.0
 放送は約3時間あったが、開会式はもっとチャンとやってほしかった。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート国別対抗戦2013 初日 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる