スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋ウィメンズマラソン2013

<<   作成日時 : 2013/03/14 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月10日、女子マラソンの代表選考、国内最終レースとなった名古屋ウィメンズマラソンがナゴヤドームを発着点として行われ、木崎良子が2時間23分24秒のタイムで優勝、木崎は代表内定条件をクリアして即代表に決まった。女子では第1号の代表決定となった。野口みずきは2時間24分05秒の3位に終わった。2位にはベルハネ・ディババ(エチオピア)の2時間23分51秒であった。
 レースは野口・木崎がいい走りをして、野口は復活優勝も狙える感じに見えた。しかし37キロあたりでディババ、木崎に徐々に送れる形となり事実上脱落、木崎が40キロの最後の給水地点でディババを引き離し優勝した。野口は優勝できなかったが、足跡は残した。
 女子も海外レースが残っているが、国内選考レースを上回る記録が出るかは難しい。木崎が決定したが、野口も有力になったなぁ。

採点はフジテレビ(制作は東海テレビ)
実況&リポート:1号車・森脇淳、2号車・斉藤誠征、バイク・加藤晃、ナゴヤドーム・小田島卓生、中日新聞社前・福島智之、スタートリポート・清水亜里沙。特になしといいたいが、小田島のゴール実況はちょっとなぁ。 小田島以外の実況6.0 小田島、リポート5.5
解説:1号車・瀬古利彦、有森裕子、2号車・金哲彦、ナゴヤドーム・高橋尚子、藤原新。特になしというか。 5.5
キャスター:皆藤愛子。ヅラよりかは下手な講釈垂らさない分マシだったかなぁ。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー:アーは藤本晶子。昨年があまりにも酷かったことと比べるとインタビューアーも変えてきたこともあるのか普通になってきた。木崎の思いにも助けられた部分もあったのかもしれないが。 5.5
 大阪国際女子マラソン同様に日本人選手(木崎・野口)がレース後に特設スタジオ(小田島、皆藤、高橋、藤原)で話を聴く場面があった。ヅラがいない分助かったのと、ウィメンズマラソンとなって2回目ということでだいぶ慣れてきた感じがしたなぁ。
 関東では午前9時から11時50分まで放送された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋ウィメンズマラソン2013 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる