スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年1月のスポーツ中継を振り返る

<<   作成日時 : 2013/02/12 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2013年も2月に入ってしまっていますが、1月のスポーツ中継を振り返ります。
 1月は43中継採点しました。
 競技別内訳はサッカー10、大相撲10、ラグビー3、バレーボール2、バスケットボール2、アメフト1、テニス3、ジャンプ4、駅伝5、マラソン1、競馬2。
 放送媒体別内訳はテレビ30(NHK9、日本テレビ11、TBS1、フジテレビ3、テレビ東京1、北海道放送1、札幌テレビ1、北海道テレビ1、テレビ北海道1、関西テレビ1)、ラジオ11(NHK10、TBS1)、ネット5(NHKオンデマンド)。
 1月が少なかったのは、スポーツ中継大賞の選考に時間がかかったこと、テレビが故障したこと、入院したこと等によります。
 1月のトピックスは正月スポーツ(学生スポーツ兼)、ジャンプ、マラソン・駅伝、全豪テニス、石川洋死去等といったところかなぁ。
 正月スポーツでは1日のニューイヤー駅伝から始まり、中村秀昭の異動による玉突き人事があったが、テレビでは優勝争いがそれほど熾烈ではなかったので、思ったよりかはウザくなかった。ニューイヤーのラジオではアナウンサーの役割であった情報担当が昨年まで沿道リポート担当であった954情報キャスターの白井京子が担当するようになった。またスタジオ担当は石川伸子で変わらないが、石川は昨年3月でTBSラジオの番組を降板し20年に及ぶアナウンサー生活を卒業、4月から保育士の仕事をしているというが、休みだからか1日限定復帰した。
 箱根駅伝はセンターの村山は良かったが、中継車等で青学のランナーの姉が3・11で亡くなった事もあり感動の押し売りがあったりして。このことからなのか、それに対する批判の投書が東京新聞に掲載された。辻岡が箱根デビューしたが、首位交代というおいしい場面であった。
 箱根駅伝は順天堂大学のゴールシーンでジョジョ立ちでのゴールを行って話題となった。また復路では日本橋の付近で不正選挙のプラカードが画面に映るということが起きた。
 高校サッカーでは14日の決勝戦が雪で順延となったが、中継は会場の放送席から行われていたが、それに対する批判の投書が東京新聞に掲載されていた。
 女子の高校サッカーがインター杯が行われるようになったことを受けて今年から冬に移動したが、地上波で放送されるようになった。TBSが放送していたが、ラグビーは事実上MBSに任せて撤退したくせになぁというのがぬぐえない。
 アメフトのライスボウルがEテレで放送されていたのが、BS1に降格扱いとなったが、放送スタイルが一部変更になった。ゲストに大関の稀勢の里が出ていたが、本職の大相撲でのインタビューよりも上手く喋っていた。ネット上でも評判を呼んでいた。まぁ実況が大相撲も担当する船岡ということもあるのかなぁとも俺は思った。その後の初場所で船岡が実況したときに稀勢の里が負けるという恩返し?をしていた。
 副音声で有馬隼人と杉浦友紀が担当していたが、杉浦は山岸舞彩に代わってサンデー&サタデースポーツの担当になるという。
 天皇杯サッカーの決勝は実況が野地俊二から内山俊哉に交代していた。野地はさいたま放送局に異動して事実上表舞台から去ったからなぁ。
 1月といえば放送局カップのジャンプ大会が行われるが、STVとUhbは東京では放送されなかったが、NHK・HBC・HTB・TVhのカップ戦は放送された。女子も同時に放送されていたが、NHKが一番なおざりな扱いであったというのは...男子のワールドカップも放送されていた。札幌テレビのジャンプ競技のテーマソングが何故か甲斐バンドの「HERO」というのが分からないが、プロデューサーの趣味なのか?としか思えない。
 マラソンでは大阪国際女子マラソンでメイン実況が若田部になってからは消えていた大阪城でのジ・アルフィーの歌が流れて実況を辞めるということが復活していた。またこの女性解説陣については生き残りをかけた戦いと某週刊誌に書かれていた。
 都道府県対抗駅伝では男子では何故かラジオの放送では実況が長谷川努から一柳信行に交代していた。
 全豪オープンテニスは昨年に続いて今年も放送したが、昨年は錦織がベスト8したことから急遽放送されていたが、今年は男女の決勝と錦織の試合の3試合が地上波で放送された。しかし深夜の録画放送であった。俺が嬉しかったのは森中が実況をしていたことである。ウィンブルドンも全日本も降板してしまったからもうあの実況が聞けないかと思っていただけに...
 フジテレビの競馬中継のスタイルが一部変更になったが、大幅というわけではなく中幅といったところかなぁ。松尾翠から元AKBの大島麻衣が入り、予想コーナーとセットが変わっていた。
 1月は7日に石川洋NHKアナが死去したが、コメントをいただきありがとうございました。書かなかったが、一般紙の扱いは訃報欄に小さく報じられただけであって俺には不満であった。その後22日に東京五輪で女子バレーボールのテレビ実況(金メダルポイントという実況が話題となった)や松山商業対三沢高校のラジオ実況で有名であった鈴木文弥も20日に亡くなったが、一般紙やラジオではこちらの扱いのほうが大きかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年1月のスポーツ中継を振り返る スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる