スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第89回箱根駅伝往路

<<   作成日時 : 2013/01/02 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 第89回箱根駅伝の往路が行われ、日体大が5時間40分15秒のタイムで26年ぶり10度目の往路優勝を果たした。2位は早稲田、3位は往路5連覇がかかっていた東洋が入った。
 4位は明治、5位は法政、6位は青学、7位は帝京、8位は順大、9位駒大。
 10位は学連選抜、11位に山梨、12位大東、13位中央学院、14位国学院、15位日大、16位上武、17位東農、18位神大、中央と城西は5区で棄権となった。
 1区は東洋の田口がちょろちょろして挙動不審な面があったが、最後落ち着いてトップで襷を渡した。東洋にとっては30年ぶりのこの区間の区間賞となった。
 2区は設楽啓太は最後抜かれたが、1区でつかんだ流れに乗った走りをした。日大・ベンジャミンは区間賞の走りをして13位から1位にジャンプアップした。駒大・窪田は意外と波に乗れない気がした。また山学大のオムワンバも快走を見せてごぼう抜きを見せた。中大の新庄は最後フラフラとなりながら何とか襷を渡したが、ブレーキとなり、浮上することなく、5区で棄権することとなった。
 3区は設楽悠太が快調に走ってトップで通過、日大・佐藤佑輔が結局ブレーキで区間20位で順位を落としまくり、ベンジャミンの貯金を食いつぶした。結局日大はベンジャミン以外は往路では好走したメンバーはいなかった。また早大の大迫傑はこの区間を走ったが、風の影響を受けたのか結局区間賞を取れず、東洋との差は開いた。
 大迫の給水を与えていたのがなんとロンドン五輪代表のディーン元気であった。
 4区は東洋・淀川が後半落ち、2分半以上あった日体大や早大との差は2分をきるところまで詰まった。4区は帝京は区間記録を持つ区間ということもありゲンのいいこともあるのか順位(12位から6位)を押し上げた。
 5区は東洋・定方は普通に走ったが、日体大・服部、早大・山本が追い上げて小湧園あたりで抜いた。その後早大は服部を追い上げるのに無理をしたこともあるのか服部との差が開き定方には何とか抜かれずという状態でゴールした。服部がトップでゴールイン。服部は3年生であるがキャプテンだという。
 昨年に続いて全学校の往路ゴールシーンが見られないで終了と思ったが、最後の最後で村山が中大も棄権ということが伝えられて結果的に神大までのゴールは伝えられていたので全チームのゴールは伝えられたことになるが、棄権が2校も出てしまった。
 また法大の関口の活躍が目立ち12位から5位に順位を上げた。関口は頭がいいランナーといわれているらしく、予選会も設定タイムとほぼ同じタイムで走ったこという。また高校は選抜甲子園に出場した高崎高校ということで総理も二人(福田赳夫、中曽根康弘)輩出した学校の出身である。
 中央大は28年連続シードが途切れた。中央は21.7キロ地点、城西は18.3キロ地点でそれぞれ棄権した。
 予選会からの往路優勝は73回大会の神大以来であるが、神大の時は優勝候補といわれながら途中棄権があり予選会にまわり優勝だからなぁ。日体大の場合は前回19位に沈んでだからなぁ。まぁ全日本でいい順位だったからなぁ。
 個人的には駒大と青学という優勝候補の順位が悪いのが気になったなぁ。駒大は油布が1区で日光の手前(今市)だったこともあるのか、2区窪田も波に乗れず、ずるずるといってしまったなぁ。青学は2区に出岐が出てこなかったしなぁ、仕方ないのかもしれないが、もうこの2校は優勝どうのこうのというレベルではなくなったのでとにかく復路でシード権を獲得できるかどうかという話にマジでなっている。
 しかし風が凄くて3区の茅ヶ崎と5区の最高点近くは特に感じた。法大・関口が走っている時に77回大会の大村のことを出していたなぁ。大村はまだ公務員しながら走っているのかなぁ?大村と一緒に走っていた中大・藤原は昨日のニューイヤー駅伝で走っていたなぁ。

区間賞は以下の通りです。
1区(21.4キロ) 田口雅也(東洋大) 1時間03分22秒
2区(23.2キロ) G/ベンジャミン(日大) 1時間08分46秒
3区(21.5キロ) 設楽悠太(東洋大) 1時間04分36秒
4区(18.5キロ) 田中秀幸(順大) 57分16秒
5区(23.4キロ) 服部翔太(日体大) 1時間20分35秒

採点は日本テレビ
実況等:センター・村山喜彦、第1中継車・河村亮、第2中継車・蛯原哲、第3中継車・町田浩徳、バイク・森圭介、鶴見中継地点・新谷保志、戸塚中継地点・菅谷大介、平塚中継地点・佐藤義朗、小田原中継地点・上重聡、小湧園・辻岡義堂、芦ノ湖・平川健太郎、直前番組&優勝インタビュー・矢島学、直前番組・徳島えりか。村山とかと良かったのであるが、エビや町田といったあたりは今年もやってきたなぁ絶叫を。また資料読みや感動の押し売りは当然あった。また今大会は辻岡がデビューし、代わりに青木源太がいなくなった。青木は「スッキリ」等情報番組が中心になっているからなのか外れた。俺は上重が外れるのだと思ったが...上重は昨年よりかはマシにはなっていたが。 平均して5.5
解説:センター・碓井哲夫、第1中継車・瀬古利彦。柏原が卒業したからなのか、瀬古は以前ほど東洋大を敵視しなくなったなぁ。 5.5
ゲスト:柏原竜二、鎧坂哲哉。ゲストとしてはそれなりのコメントをしていた。 6.0
カメラワーク:風や実況とあっていない部分があったりしたからなぁ。 5.5

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。今年もよろしくです。箱根往路向かい風気の毒でしたね。日体大は一年間の悔しさをチーム力でカバーしましたね。逆に青山は選手 監督に気負いプレッシャーがあったし駒澤は一区から後手に回ったのが響きましたね。因みにNHKのラジオはベテラン工藤アナが今年も実況でした。
ひろみつ
2013/01/02 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
第89回箱根駅伝往路 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる