スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本フィギュア2012 男子フリー

<<   作成日時 : 2012/12/22 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 男子の世界選手権代表をかけた全日本フィギュアの男子フリー演技が行われ、SP1位の羽生結弦がフリー187.55点、合計285.23点で高橋大輔を上回り初優勝を果たした。演技は完璧とはいえなかったが、なんとかまとめた。
 2位は高橋大輔で280.40点であった。フリーは1位の192.36点で、本人も満足といった感じの表情でいい演技であった。
 3位争いは熾烈となり、最終組は高橋大輔が1番手、次が中村健人、3番目が織田信成、4番目が無良崇人、5番目が小塚崇彦、最終滑走者が羽生結弦という順番で演技を行った。
 3番手は事実上、織田・無良・小塚の争いとなり、織田はプログラム唯一の4回転は成功させたが、その後はミスがいくつか出てしまい240.56点で終了した。
 無良は得意のアクセルにミスが出てしまったものの242.70点で織田を上回り終了となった。
 小塚は普通に出来ればよかったのであるが、こちらは織田や無良どころではなく、観客の歓声どころではなく、一体何があったんだという感じで見ていたと思われるくらい、精彩を欠いた。これからなにか出てくるのかもしれないが、コンディション面で重大なことがあるとしか思えないと思わないと説明が出来ないくらいのものである。放送上でもあんまりよろしくない感じのコメントが本田等から聞かれていたし。織田や無良はプレッシャーを感じたといっていいのかもしれないが、小塚はそれだけでは説明しきれないものがあった。
 ということで無良が3位、織田は4位、小塚は5位、中村は6位であった。ということで羽生・高橋・無良になるんだろうなぁ代表は。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。それなりにしていたが、国分に振るというか入れさせたのはチョットなぁ。 5.5
解説:本田武史、荒川静香。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:松村未央、三田友梨佳。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:国分太一。お前は口出し杉で要らんわ、まったく。 4.0
構成:しかしアレだけの放送時間を使っているならば男子フリーは生でやるべきだったのでなかろうか?女子のショートは時間の問題もあり、生でないのは致し方ないが...だったら、女子のショートは6時半から8時頃、男子フリーは第3組と最終組は生放送でという形がよかったんじゃないのか?とにかく生が一番!男女合わせての点数です。 4.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本フィギュア2012 男子フリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる