スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本フィギュア2012 男子ショートプログラム

<<   作成日時 : 2012/12/21 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの全日本選手権が21日に札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕し、男子のショートプログラムが行われ、羽生結弦が97.68点で2位の高橋大輔に9.64点差をつけてトップに立った。
 最終滑走者の羽生はミスなく演じきり、加点もあってか、国内参考記録ながら97.68点という非常にハイレベルな得点を挙げた。
 2位の高橋大輔はジャンプでミスが出たものの88.04点を出した。盛り上げるところはさすがといったところかなぁ。
 3位は小塚崇彦で4回転でミスが出たが、それ以外は何とかなり84.58点出た。4位は無良崇人でほぼノーミスで84.48点出た。
 5位は織田信成で最初に転倒があったのが痛かったのか、80点(80.75点)は超えたが、世界選手権の切符を得るためには完璧にしないとやや難しいか。現実的にはここまでが代表争いとなるかなぁ。
 6位は中村健人で76.54点であった。ちなみにコーチは札幌五輪代表の樋口豊である。
 GPファイナル出場の町田樹は堀之内雄基が演技直前に動かした時にスケート靴のエッジの真ん中が割れるというハプニングが発生し、接着剤で直そうと試みたが、演技に耐えられるほどの修繕が出来ないと判断されたのか、無念の棄権となった。以前のルールだと最終滑走に回るという(by荒川静香)のがあったそうであるが、今ではそういうルールはなくなり棄権しかなくなるという。
 ということで町田は無念にもリンクを去る堀之内の肩をポンと叩いた。その影響が出たのか、それともGPファイナルの影響が止まらず出会ったのかはわからないがミスが出て68.48点で結局8位となり世界選手権どころか最終グループでフリーは演技が出来なくなった。
 また西日本選手権優勝者の吉田行宏は最終グループで滑走し53.02点の17位であったが、大学4年ということで今季で引退という。また佐々木彰生はノリのいいナンバーで本人が一番乗っていた状態で滑り、会場を沸かせて74.92点の7位でフリーに進む。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。特になし。 6.0
解説:本田武史、荒川静香。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:松村未央、三田友梨佳。特になし。 5.5
カメラワーク:堀之内のエッジが割れているシーンが映し出されたときは会場から悲鳴が湧き上がっていたなぁ。でも凄いのを見てしまったという感じでえぐかったなぁ。 6.0
 午後7時から8時54分まで放送され、珍しく生放送となった。第4&最終グループの12名の演技が生で放映されていた。初日だからなのか国分太一が登場しなくてすっきりした。



ショートプログラム~ガールズタイプ~ (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館
あだち 充

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ショートプログラム~ガールズタイプ~ (少年サンデーコミックススペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


コロムビア スマート ピラティス(DVD)【趣味・教養 DVD】
コロムビアファミリークラブ
その時々にあったコースを選べるのが最大の魅力。朝や寝る前のちょっとした時間をほんの少しだけ有効に、忙

楽天市場 by コロムビア スマート ピラティス(DVD)【趣味・教養 DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本フィギュア2012 男子ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる