スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート 中国杯

<<   作成日時 : 2012/11/07 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月2・3日に中国の上海でグランプリシリーズ第3戦目である中国杯が行われ、女子は浅田真央、男子は町田樹がそれぞれSP2位から逆転で優勝を飾った。町田はGPシリーズ初制覇となり、また町田はファイナル出場を決めた。
 女子はSPでは浅田真央は大技を封印したが、鬼門のSPを62.89点として久しぶりに失敗がないといっていいスタートを切り、フリーでは回転不足もあったりして、ややという面はあったが、118.87点をマークし、181.76点で優勝した。
 SP1位であったロシアのユリア・リプニツカヤはシニア初参戦であったが、昨年ジュニアでは1回も転倒がなかったというが、お手つきがあったりしたこともあり、フリーでは114.86点、合計で177.92点で浅田を抜くことが出来なかった。
 3位はキーラ・コルピ、4位は長洲未来であった。長洲は今季のグランプリシリーズは今回だけだという。
 男子はフリーの最終組の直前練習でアダム・リッポンと宋楠が激突し、宋楠はこれにより担架で運ばれてフリーの演技を棄権、またブライアン・ジュベールもフリーを棄権し、7名で争われることになった。この激突で選手は一時リンクから退出させられたらしい。
 リッポンは宋楠との激突の影響が演技に影響した。
 町田はフリーでは転倒はしたが、それ以外はなんとかなった感じで236.92点でトップに立った。
 高橋大輔はSPで何とかトップに立ったが、町田と差をつけられず、フリーではジャンプで何度も両足着地があったりしてミスが多く、本人もよくこれで2位には入れたなぁというくらいの演技であったこともあり、町田に逆転を許した。
 また大会前は尖閣問題もあり、出場自体危ぶまれた時期もあったが、日本人選手は問題なく出場した。
 この大会とは関係ないが、東日本選手権がこの週末行われ、村主章枝が11位に終わり、全日本選手権の出場を2年連続で逃した。村主は陽進堂とのスポンサー契約が3月で終了したらしく、新聞等の記事にもサニーサイドアップの所属と表示されていた。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉。ショートプログラム&フリーの男女とも全て森下がしたなぁ。ややマラソン競技のようなリアクションが一部出たがマイナスするほどでもないなぁ。 6.0
解説:荒川静香(女子)、田村岳斗(男子)。荒川はやや技の列挙が強いイメージがあったなぁ。 5.5
リポート:竹内由恵。リポートだけだったなぁ。修造の隣にもいなかったし、インタビューアーもしなかったし。 5.5
インタビュー:アーはたぶん清水俊輔と思われる。特になし。 5.5
カメラワーク:さすがに激突シーンは流したなぁ。あと町田の優勝は考えていなかったようなフリップだったなぁ。激突を流したのでマイナスにはしないが。 6.0
キャスター:松岡修造、荒川静香。しかし修造は最後にも叫んでいたなぁ。 5.0
 SPは2日(午後8時から9時54分)、フリーは3日(午後6時半から9時24分)にそれぞれ放送されたが、SPの男子の一部は生放送された。SP・フリーとも女子が先で男子が後の放送順となった。
 しかしアナの使い方はなぁ...全日本大学駅伝があったから、フィギュアに多くは割けられない事情があるとはいえなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート 中国杯 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる