スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 競馬2012秋 菊花賞、天皇杯、エリザベス女王杯

<<   作成日時 : 2012/11/16 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 競馬の10月21日に京都競馬場で行われた第73回菊花賞、10月28日に東京競馬場で行われた第146回天皇賞、11月11日に行われた第37回エリザベス女王杯を取り上げます。
 菊花賞は内田博幸騎乗のゴールドシップが3分02秒9のタイムで1着となり、2冠を達成した。しかしゴールドシップは入場時から暴れまくっていて心配されたがレースでは良い方に動いたのかなぁ?
 天皇杯はエイシンフラッシュが1分57秒3のタイムで1着となった。5歳馬での優勝となった。騎手のM・デムーロ天皇・皇后両陛下に礼をしていたのが印象的であった。
 エリザベス女王杯は佐々木主浩がオーナーのヴィルシーナに悲願の1着が期待されたが、今回もまたもや2着に終わった。騎手が菊花賞を制した内田博幸なのに...今週の週刊文春の記事になっていたようである。
 1着はレインボーダリアであった。また天皇賞を制したM・デムーロ騎乗のピクシープリンセスは3着に終わった。ちなみに井崎修五郎と芹那はこのぴクシープリンセスを予想していた。

放送はすべてフジテレビ
実況:岡安譲(菊花賞・エリザベス女王杯、レース実況、エリザベス女王杯はパドック実況も担当)、吉田伸男(天皇杯レース)、塩原恒夫(天皇杯パドック)、倉田大誠(ブラジルカップ)、立本信吾(武蔵野ステークス)。岡安は関西テレビのアナウンサーで他は全てフジテレビのアナウンサー。菊花賞のパドックは東京では福原直英が担当していた。実況自体は特別いいというわけではないが、特別マイナスするほどなにかやらかしたというわけではないからなぁ。 6.0
解説:高橋賢司、岡部幸雄(京都)、松本ヒロシ(東京)、細江純子(天皇賞パドック)。構成上カットされたりするからなぁ。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー:カットがあったりなかったりと満足にオンエアされたのはないなぁ。 4.5
スタジオ:福原直英、優木まおみ、井崎修五郎、松本ヒロシ、松尾翠。板東英二(菊花賞)、おぎやはぎ(天皇賞)、芹那(エリザベス女王杯)。特になしというか。 5.0
リポート:細江純子、福永一茂、立本信吾。福永と立本は天皇賞のみ。特になし。 5.5
 エリザベス女王杯の放送された日はヴィルシーナのオーナーの佐々木主浩にトータルテンポスがインタビューしていたが、事前に取材されてレース当日に放送されると勝てないのを気にしていたが、今回も当たってしまった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
競馬2012秋 菊花賞、天皇杯、エリザベス女王杯 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる