スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年10月のスポーツ中継を振り返る

<<   作成日時 : 2012/11/12 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2012年の11月の既に12日となり中旬となりましたので、10月のスポーツ中継を振り返ります。
 10月は57中継採点しました。
 競技別内訳は野球11(日本シリーズ3、CS8)、サッカー7(CL1、W杯予選1、親善2、セリエA1、J1、ナビスコ1)、大相撲3、ボクシング3、プロレス3、競馬4、バドミントン2、フィギュアスケート7、駅伝2、テニス3、ゴルフ10、新体操1、ラグビー1。
 放送媒体別内訳はテレビ49(NHK7、日本テレビ10、TBS6、フジテレビ8、テレビ朝日10、テレビ東京4、東海テレビ2、テレビ神奈川1、BSイレブン1)、ラジオ7(TBS3、文化放送2、ニッポン放送2)、ネット5(NHKオンデマンド)。
 10月のトピックスはプロ野球のポストシーズン、駅伝&フィギュアスケートシーズン開幕かなぁ。
 関東では地上波メディアはレギュラーシーズンの野球中継はTOKYOMXテレビでのホークス戦が数試合されただけで他はテレビもラジオも中継がなかった。
 クライマックスシリーズは関東ではファーストステージは地上波でのテレビ中継はなく、ラジオのみであった。ファイナルステージはジャイアンツが出場したため、日本テレビが全試合地上波でのテレビ中継が行われた。関東ではファースト・ファイナルともラジオは全て自社制作のものが流れていたが、これは聴取率調査週間を中心に行われていたという事情もある。QRはパ、LFはセの試合を全て中継、TBSはファーストは最終の3回戦のみ、ファイナルは全て中継したが...
 日本シリーズはテレビは全て東京の放送局の制作、ラジオは第4戦のみ文化放送でSTVラジオでの制作が流れたほかは全て自社制作のものが流れた。また何故かRFラジオ日本が日本シリーズを中継しなかった。これは日刊ゲンダイでも取り上げられていた。
 昨年はヤフードームでの試合で福岡の放送局のアナウンサーの実況がテレビでなかったことでの不満はあったが、今年の札幌ドームでの試合について北海道の放送局のアナウンサーが実況しなかったことについては俺は不満はないというか仕方ないかなぁと思いました。地元局のアナウンサーが実況しないことに異を唱えるコメントが当ブログに寄せられましたが。福岡の場合はフジ系列のテレビ西日本は全日本体重別柔道が福岡で行われることでテレビ西日本のアナウンサーに実況させるし、TBS系列のRKB毎日放送はアジア大会にアナウンサーを派遣するのであるからやらせればいいのにと思ったが、北海道はHBC卓田、STV宮永くらいしかまともなのがいないからなぁ。Uhbは廣岡はまだ若いという評価だし、この部分は以前書いたことを再び書いていますが、北海道マラソンは今年は関東では中継がなかったことを書かなかったのでここで訂正させていただきます。北海道は福岡と比べると信頼性がなぁという部分が俺の中にはあるからなぁ。TBSラジオですら昨年は自社制作が1試合もなかったのに、今年は札幌ドームの試合ですら自社制作を流す位だからなぁ。キー局にとっても信頼性がないのかなぁと思った。
 ポストシーズンの試合は選手ゲストが恒例のように多く出ていたが金本や小久保が今年引退ということもありその中でも目立っていた。またポストシーズンでも日本テレビは副音声も設けてやっていたが、まさかポストシーズンでもやるのかなぁ...
 日本シリーズでは3戦目でテレ朝が中継したが、少なくてよかったという投書が東京新聞に掲載されていたが、以前では考えられないことだなぁ。フジの4戦目の中継はイケメン云々という発言に対する批判の投書が同じく東京新聞に掲載されていた。
 ポストシーズンの中継については甘めに採点してしまったかなぁ。どちらにしようかなぁというのが多かったし。意見を下さった方もいましてそうかもしれないと思いました。阿部の決勝打の走塁はあそこでは映らなかったからなぁ。俺はアレで決まりなので打球のペーソツさを感じでしまったというのがあります。
 日本シリーズ初戦でラグビー指導者の清宮の息子が始球式をしていたが、同じも始球式をしたことがあるそうで、古田監督時代のスワローズは他のスポーツチームとタッグを組んで企画をよく行っていたが、その一環なのかなぁと思いましたが、当時清宮が監督をしていたサントリーサンゴリアスは府中市が本拠地なので100%そうともいいきれない部分がありますが...
 野球はキューバ戦の中継が11月にありますので野球中継大賞はキューバ戦終了後に行います。
 駅伝&フィギュアスケートのシーズンが始まりましたが、箱根予選は実況がモリスケから町田に交代、リポートも松尾から徳島に交代していた。出雲はいつの間にかテレビ静岡の鈴木アナがいなくなっていた分うるささは緩和されていた。
 フィギュアは放送時間が今までに増してゴールデンタイムは減ってきているが生放送は一部ではあるが増えてきている。
 あと10月で目立ったのは欧州サッカーの中継が昨年と比べると地上波で増えたなぁ。香川効果かなぁ。10月後半からの中継が11月に入ってからも採点が続いております。遅れまして申し訳ございません。



【中古】afb 65億のハートをつかめ! スポーツ中継の真実 世界一の国際映像ができるまで /TBS世界陸上プロジェクトチーム【編】
ブックオフオンライン楽天市場店
TBS世界陸上プロジェクトチーム【編】販売会社/発売会社:ベースボールマガジン社/ 発売年月日:20

楽天市場 by 【中古】afb 65億のハートをつかめ! スポーツ中継の真実 世界一の国際映像ができるまで /TBS世界陸上プロジェクトチーム【編】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年10月のスポーツ中継を振り返る スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる