スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第30回全日本大学女子駅伝

<<   作成日時 : 2012/11/10 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 10月28日に宮城県の仙台市陸上競技場をスタートし仙台市役所前市民広場をゴールとする全6区間、38.6キロを28チーム(シード6校、地区代表19校、記念出場枠2校、東北学連選抜)で争われ、立命館大学が2時間6分05秒のタイムで2年連続7回目の優勝を飾った。
 2位には佛教大、3位は双子の久馬姉妹のいる筑波大学、4位は松山大、5位は大阪学院大学、6位に大東文化大学が入り。以上がシード権を獲得した。筑波は10年ぶり、大阪学院は初めてのシード権を獲得した一方で、名城大は7位、城西大は9位に終わりシード権を失った。
 レースは1区では中京大の荘司が頑張り区間賞でトップに立ったが、2区に立命館がトップを取ると、以降は立命館が安定した走りでトップをキープしてそのままゴールして優勝した。まぁ佛教大に追い上げられたというシーンもなかったわけではないが脅かすまではなかったかなぁ。それくらい立命館は安定していた。
 また筑波大は都道府県駅伝でおなじみの双子の久馬姉妹が入学して注目され3位に入る好走をしたが、久馬自身区間を走り終えた後のインタビューで優勝できるとは思っていなかったようで、冷静に順位は受け止めていたと思う。
 昨年途中棄権した大東大であったが、今年はつないだだけでなく。シード権を獲得までした。
 区間賞は以下のとおりです。
 1区(5.8キロ) 荘司麻衣(中京大) 18分30秒
 2区(6.8キロ) 藪下明音(立命館大) 21分46秒
 3区(9.1キロ) 津田真衣(立命館大) 29分30秒
 4区(4.9キロ) 桑原彩(佛教大) 15分49秒
 5区(4.0キロ) 竹上千咲(佛教大) 13分14秒
 6区(8.0キロ) 三井綾子(立命館大) 26分44秒

 実を言うと今年の夏も東北(平泉・塩釜・松島・仙台)を旅行したので今回のコースは少しは理解できるかと思ったが出来なかった。

採点は日本テレビ
実況&リポート&インタビュー:センター・蛯原哲、1号車・田中毅、2号車・伊藤拓(ミヤギテレビ)、バイク・佐藤義朗、第1中継地点・中野謙吾、第2中継地点・辻岡義堂、第3中継地点・加藤智也(ミヤギテレビ)、第4中継地点・浮ヶ谷美穂(ミヤギテレビ)、第5中継地点・外賀幸一(ミヤギテレビ)、ゴール・田辺研一郎、優勝インタビュー・柳瀬洋平(ミヤギテレビ)。地点インタビューは中野が他の地点でもした地点がある。やや中継地点等で混乱はあったが、それはおいといて、絶叫はなかったといっていい蛯原であったが、日本シリーズ発言して、意図的にこの日日本シリーズ第2戦が行われていたことと変に結び付けていたなぁ。元QRの菅野詩朗だったらグダグダ実況の一環(昨年の出雲大学駅伝ではゴールインをホームインと実況した経験がある)で片付けられれが、エビはそうではないものを感じたなぁ。 5.5
解説:センター・金哲彦、1号車・高橋尚子。そんなに解説が必要というわけではなかったかもしれない展開だったからなぁ。 5.5
カメラワーク:仕方ない部分もあるが... 5.5
 らくすぽ。さん情報ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第30回全日本大学女子駅伝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる