スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート ジャパンオープン2012

<<   作成日時 : 2012/10/06 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 フィギュアスケートシーズンの幕開けというか、前哨戦ともいうべきジャパンオープンが埼玉スーパーアリーナで行われ、日本が569.25点で2年ぶり5度目の優勝優勝を果たした。
 日本は高橋大輔、小塚崇彦、浅田真央、鈴木明子、北米はパトリック・チャン(カナダ)、ジェフリー・バトル(カナダ)、アシュリー・ワグナー(アメリカ)、アグネス・ザワツキー(アメリカ)、欧州はエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、アリーナ・レオノワ(ロシア)、エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア)という出場メンバーであった。
 男子が先に行われ、トップバッターはジェフリー・バトル。バトルは前日のメダルウィナーズオープンにも出場し見事優勝を飾ったというが、2日連ちゃんはどうなかぁと思ったが、疲れを感じさせない演技であった。しかもプロなのでこのような形式での大会出場も大変だと思うが、160.86点という高得点を出した。
 ブレジナは後半やや疲れが見えた感じで151.53点、小塚はミスを最小限にとどめ、高橋に次いで2位となる165.08点で日本がトップに立ち、以降は1位を明け渡すことなく最後まで行った。
 この大会最大の波乱といっていいのが、パトリック・チャンの不調であった。4度もの転倒があったこともあるのか、男子では最低点の137.42点に終わった。ただこの時期だからなぁまだともいえなくはないが...昨年のどう大会では高橋大輔がメチャメチャ得点が低くオイオイ大丈夫かという感じであったが、重ねるごとにそんなことはあったのかということになったが、チャンは今季どうなるか?
 プルシェンコは多少のミスはあったが、156.21点を取った。プルシェンコの振り付けに宮本賢二が参加したらしいが、日本のフィギュアスケート界にとってはいいニュースであると思う。振り付けでも海外でも認められるようになってきたということかなぁ。高橋大輔の振り付けをしたことが大きいのかなぁ?
 高橋は昨年とは大違いで、演技構成点は唯一90点を越え、172.06点で個人でトップであった。
 女子は男子と異なり欧州、日本、北米の順序で行われた。ゲデバニシビリは最初と最後でミスがまぁ出たかなぁ。94.84点であった。
 鈴木は後半のジャンプにやや精彩を欠いた面はあったが、それ以外は別に問題はなかったかなぁということで110.07点であった。
 ザワツキーは最初のジャンプで転倒したこともあるのか、波に乗れない感じであったかなぁ。女子では最低点の89.95点であった。
 レオノワはスピードに乗った演技であったが、ジャンプでミスが重なったこともあるのか演技終了後に不満顔となっていた。得点はそれでも107.94点。
 浅田は新プログラム「白鳥の湖」を披露、会場は最後は総立ちとなり本人も演技終了後に満足した顔になっていた。得点は122.04点であった。
 最終演技者はワグナーでミスのない演技で全米女王かつ四大陸女王の貫禄を見せて得点は個人1位となる123.57点と浅田を抜いた。このおかげで北米は欧州を抜いて2位となった。
 ということで、日本が569.25点で優勝、2位は北米で511.80点、3位は欧州の510.52点でありました。

採点はテレビ東京
実況:小島秀公。特になし。 6.0
解説:八木沼純子。特になしでいいかぁ。 6.0
リポート&インタビュー:秋元玲奈。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィギュア2
フィギュア ...続きを見る
通販商品一覧
2013/01/10 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート ジャパンオープン2012 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる