スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年7月のスポーツ中継を振り返る

<<   作成日時 : 2012/08/19 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2012年のお盆も終わりましたので、遅くなりましたが、7月のスポーツ中継を振り返ります。
 7月は五輪を除くと91中継採点しました。 
 競技別内訳は野球29(セ17、パ6、甲子園予選2、オールスター4)、サッカー15、ボクシング3、大相撲15、プロレス5、ゴルフ9、テニス13、ハーフマラソン1、フィギュアスケート1。
 放送媒体別内訳はテレビ56(NHK15、日本テレビ2、TBS12、フジテレビ5、テレビ朝日17、テレビ東京1、読売テレビ1、札幌テレビ1、CBC1、東海テレビ1)、ラジオ34(NHK14、TBS4、文化放送2、ニッポン放送5、ラジオ日本2、NACK2、CBC2、毎日放送2、中国放送1)、ネット1(NHKオンデマンド)。
 しかし五輪を除いたが、これほどあったのは大相撲名古屋場所だけでなく、五輪直前試合やユーロのあったサッカーやウィンブルドンのあったテニスがあったからなぁ。
 7月のトピックスは野球中継かなぁ。
 野球中継はオールスターと甲子園の西東京大会決勝に話題が集まった。オールスター戦は第2戦で試合が早く終わったので古田と工藤がオールスターの過去の事件の裏側を語るという企画があり、新庄の本盗(新庄がセのベンチに対して許可を求めていて古田らは許可をしたという)、野茂ヘルメット事件(それよりも俺は槙原がTシャツで投球したことに驚いたが)にインパクトがあって工藤よりも古田の方が多く喋っていた。これについてはよかったという投書が東京新聞に掲載されていたが、3戦目の達川光男の選手いじりについては批判の投書が東京新聞の掲載されていた。
 西東京大会決勝でインタビューアーの女性が日大三高の2年連続出場を2年ぶりと連呼し、途中で気づいて直すという失態があり、東京新聞にこの行為に対する批判の投書が掲載されていた。また同日行われた埼玉大会決勝ではラジオでは野地俊二が実況をしていたが、野地はさいたま局に異動となったため実況となったらしいが、さいたま局への異動ということで表舞台から事実上去ることになる。サッカー中継は山本浩がいなくなっても野地がいたから民放よりNHKがいいといわれたが、これからはアナにもよるが、NHKだろうと民放だろうと関係ない常態となるだろうなぁ。
 大相撲中継では9日目の16日に柴田理恵がゲスト出演して話題となったが、柴田が発した「アーアーアー」ということに対して実況の親方(吉田賢)が柴田の発言を利用して「・・・」という取り組みでしたという締めをしたのには笑えた。三瓶はウィンブルドンだけでなく五輪もあったからなのか全休であったが、佐藤はウィンブルドンから戻ってきて終盤関っていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年7月のスポーツ中継を振り返る スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる