スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年6月のスポーツ中継を振り返る

<<   作成日時 : 2012/07/02 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 2012年も後半に入ったので6月のスポーツ中継について振り返ります。
 6月は76中継採点しました。
 競技別内訳は野球25(セ7、パ3、交流戦15)、サッカー15(ユーロ3、なでしこ3、W杯予選5、U23・3、欧州カップ戦1)、レスリング1、ボクシング1、プロレス4、ゴルフ10、陸上4、バレーボール11(WGP5、五輪予選6)、競馬3、ハンドボール2。
 放送媒体別内訳はテレビ51(NHK7、日本テレビ3、TBS15、フジテレビ6、テレビ朝日15、テレビ東京2、読売テレビ2、東京MXテレビ1)、ラジオ24(TBS5、文化放送3、ニッポン放送4、ラジオ日本1、NACK2、東北放送1、東海ラジオ1、朝日放送1、毎日放送1、中国放送3、九州朝日放送1、RKB毎日放送1)、ネット5(NHKオンデマンド4、ジャイアンツストリーム1)。
 6月のトピックスはプロ野球交流戦後半戦、五輪選考会等、サッカー、ボクシング統一戦といったところかなぁ。

 プロ野球交流戦後半戦はまずは5月のところで書き忘れたのを取り上げると、TBSやCBCで野球中継を聴いている人からすると当たり前のことであるが、RKBやHBCで聴いている人にとってスワローズ主催ゲームが聴けないのはなぜかと思っている人がいるかもしれませんが、スワローズ主催ゲームは大人の事情によりJRN系列では放送されない。日本シリーズやオールスター戦ではいいらしいが、CSでもダメらしい。
 それとニッポン放送は何故か放送しなかった日があったり、KBCではジャイアンツ戦の裏送りで日曜日なのにニッポン放送制作モノが流れるという出来事があったが、実況した山内宏明が福岡国際マラソンでゴール実況している関係もあったのかなぁ?
 交流戦最終日にはJRNではE-Bs戦であったが、NRNではS-M戦を流し、TBCはNRNの日でありJRNと別物のローカルでイーグルス戦を放送していた。
 6月は昨年限りでユニフォームを脱いだ濱中治、柴原洋、野口茂樹、山崎隆造(昨年限りで2軍監督を退いた)が初採点となった。

 五輪選考会等は陸上や男子バレーボールがあり、男子バレーボールでは女子同様フジとTBSが交代で放送、しかも初戦で番宣ゲストが出やがった。陸上ではNHK五輪のテーマソングを歌ういきものがかりが初日に登場してコメントをしていたが、NHKまでそんなことするのかよ、いい加減にしろ!といいたい。また2日目のトラックでは杉澤僚が今年も実況して声が毎回ひっくり返るという失態を昨年に続いて演じていた。杉澤の陸上での失態は3年連続(2010年は日本選手権ではなくアジア大会のフィールド競技だけれど)となった。杉澤はロンドン五輪でもラジオで実況すると言うがどうなることやら心配である。
 直接は関係ないが、放送局各局女子アナによるロンドン五輪応援のCMがあるが、あれは別のロンドンをイメージしていると思ってしまうのは俺だけかぁ?

 サッカーはワールドカップアジア最終予選が始まったが、特に初戦は放送開始から試合開始まで1時間以上かかったが当然批判された。NHKBSでもそうだったらしい。TBSのユーロ中継ははデイリー部分もあったこともあるが放送開始から試合開始までやはり長かった。ユーロ中継では前回大会信藤に解説が問題となっていたようであるが、今回はこのような問題は噴出したのかなぁ?TBSの中継では関ジャニの村上信五が出てきたが何故出てくる必要があるのかなぁ?加藤だけでもあれなのに...

 ボクシング統一戦は辰吉丈一郎のコメントに対する批判の投書が多く寄せられたという(by東京新聞)。俺は辰好のコメントよりもTBSの態度にムカついた。まずは試合開始まで放送開始から1時間以上かかり、その前に何をしていたかというと映画「ライバル伝説」の宣伝にあたる薬師寺と辰吉のあの試合を振り返っていた。しかしTBSは6月はテレビもラジオも散々このライバル伝説の宣伝が多く、うんざりさせられた。また井岡が早くKO勝ちするような時間構成となり八重樫に対して失礼だと思った。TBSは井岡に対しても失礼だったなぁ。この日だけでなく王者になった日も映画の宣伝の一環として放送されるような形となっていたしなぁ。



65億のハートをつかめ! スポーツ中継の真実 世界一の国際映像ができるまで
ベースボール・マガジン社
TBS世界陸上プロジェクトチーム

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 65億のハートをつかめ! スポーツ中継の真実 世界一の国際映像ができるまで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本テレビの五輪放送体制が判明しました。
JC…蛯原(゜∇゜)
(開会式、バドミントン、重量挙げ、レスリング)、田辺(男女サッカー、アーチェリー、自転車トラック種目、閉会式)
現地キャスター…ラルフ(今まで夏は高校生クイズ司会の為派遣はなかったが、高校生クイズは桝に押し付け初の夏派遣)、田中、佐藤、徳島(例のロンドンドン…のCM日テレ代表)
本来なら蛯原のポジションは矢島が妥当だと思いましたが、平日ニュース担当では仕方ありませんね。長々失礼致しました。
ナベチン
2012/07/02 23:25
 ナベチンさんさん情報ありがとうございました。
 日テレはJCは蛯原と田辺でしたか。予想通り正月箱根組と高校サッカー組から一人ずつでしたね。エビはレスリングの実況をしてたので来るかなぁと思いましてやっぱりきましたが、田辺はリオ以降だと思っていただけにこちらは意外でした。田辺でなく寺島だと思っていましたが外れました。
スプレー日記。
2012/07/03 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年6月のスポーツ中継を振り返る スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる