スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界スプリント2012

<<   作成日時 : 2012/02/10 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月28・29日にカナダのカルガリーオリンピックオーバルで世界スプリントスピードスケート選手権大会が行なわれ、男子はオランダのステファン・フロートハイツが136.810、女子では中国のユ・ジンが148.610でそれぞれ大会初優勝を果たした。
 男子の2位はイ・ギュヒョク、3位はモ・テボムの韓国勢、女子の2位は地元カナダのクリスティン・ネスビット、3位はシャン・ホン(中国)であった。
 日本勢は男子は加藤条治が8位、及川佑が15位、羽賀亮平は23位であった。女子は小平奈緒が13位、仁科有加那が15位、高木美帆は19位であった。
 男子の初日500m優勝はイ・ギュヒョク、初日1000m優勝はシャニー・デービス(アメリカ)、2日目500m優勝は加藤条治、2日目1000m優勝はステファン・フロートハイツであった。
 女子の初日500m優勝はジェニー・ヴォルフ(ドイツ)、初日1000m優勝はクリスティン・ネスビットが世界新記録、2日目500m優勝はユ・ジンが36秒94の世界新記録、2日目1000m優勝は初日に続いてネスビットであった。
 日本勢は男子は加藤が2日目500で優勝したり、1000mでは男子は自己ベストとかそれに近いものをマークしていたようであるが、500と違い1000では世界との差がまだあるなぁという印象である。
 女子は小平が不発であった。女子は小平や高木はその前の週が良すぎたからなのか物足りないのもあったかなぁ。

採点はフジテレビ
実況:谷岡慎一(男子2日目)、倉田大誠(女子)、奥寺健(男子初日)。奥寺はハイライトだけであったが、いまだにしぶとく名を連ねるなぁ。特に問題になるほどのもにおはなかったからまぁいいかぁ。 6.0
解説:清水宏保(男子)、外ノ池亜希(女子)。特になしというか、全日本の方が良かったかもしれない。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
インタビュー:特になし。 5.5

オマケ:12月27・28日に帯広で行なわれた世界スプリントの代表選考会を兼ねた全日本スプリントを取り上げます。
 男子は2日目の500m以外は加藤条治が制し、2日目の500は及川佑が制した。女子は2日目の500を除いて小平奈緒が制覇、2日目の500は辻麻希が制した。
 男子は加藤条治が優勝、2位に及川佑、3位に羽賀亮平となった。長島圭一郎は4位であったが、初日の100mで失敗したのが響いたなぁ。2日目の1000mでは2位に入って意地は見せたが...ということで加藤、及川、羽賀が世界スプリント代表となった。
 女子は小平奈緒が優勝、2位には辻麻希、3位に仁科有加那、4位に高木美帆で、小平、辻、仁科が代表に選ばれたが辻はその後辞退したのか?代わりに高木が選ばれていた。

採点はフジテレビ
実況:奥寺健(男子)、倉田大誠(女子)。特になし。 6.0
解説:堀井学(男女とも)、清水宏保(男子)、外ノ池亜希(女子)。世界スプリントより良かったたかなぁ。 6.0
リポート:谷岡慎一。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

 世界スプリントは2月6日午前1時05分から2時35分まで、全日本スプリントは12月29日午前1時25分から2時25分までともにフジテレビで放送された。世界スプリントがこの時間に放送されたからなのか、毎年丸亀ハーフの放送のはずがなくなっていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界スプリント2012 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる