スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューイヤー駅伝2011 日清食品が2年ぶりの優勝

<<   作成日時 : 2012/01/01 16:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 2012年になりました。今年も宜しくお願いします。
 ということで今年も最初の記事はニューイヤー駅伝です。

 群馬県庁をスタート&ゴール、全100キロ7区間で行なわれる第56回全日本実業団駅伝が行なわれ、日清食品グループが4時間49分32秒のタイムで2年ぶり2度目の優勝を果たした。
 レースはいろいろあり、日清食品グループは3区途中までトップを保持していたが、保科光作がコニカミノルタの宇賀地、トヨタの宮脇に抜かれ落ちたが、エース区間ともいわれる4区で佐藤悠基が一旦トップを取り最後で抜かれたが、区間新記録での区間賞を取ると、5区の高瀬無量がコニカミノルタを抜いてトップに立ち、その後はトップを走り優勝した。
 今年は昨年までこの数年あったゴールまでの大激戦とまでは行かなかったなぁ。2位はコニカミノルタ、3位は旭化成、4位は昨年優勝のトヨタ自動車、5位は九電工が健闘して入った。6位は飛松誠のいる安川電機、トヨタ自動車九州が7位、Hondaが8位となった。

区間賞は以下のとおりです。
1区(12.3キロ) 若松儀裕(日清食品グループ) 35分55秒
2区(8.3キロ) エドワード・ワウエル(NTN) 22分29秒
3区(13.6キロ) 宮脇千博(トヨタ自動車) 37分52秒 区間新
4区(22.0キロ) 佐藤悠基(日清食品グループ) 1時間2分51秒 区間新
5区(15.8キロ) 高瀬無量(日清食品グループ)、今井正人(トヨタ自動車九州) 46分16秒
6区(12.5キロ) 高井和治(九電工) 36分35秒 区間新
7区(15.5キロ) 高林祐介(トヨタ自動車) 45分16秒


採点は9時40分まではTBSラジオ、以降はTBSテレビ
ラジオ編
実況:中村秀昭。特になし。 6.0
解説:太田崇、諏訪利成。特になし。 5.5
リポート:情報・石井大裕、沿道・白井京子、岡本祥子、天気・大野治夫。波岡陽子が954キャスターを退いたので、代わりに岡本が入ったが、沿道はリポートの時間帯まで聞かなかったので採点不能。岡本は何回担当するのかなぁ? 5.5

テレビ編
実況&リポート&インタビュー:メイン・土井敏之、第1中継車・佐藤文康、第2中継車・椎野茂、バイク・新タ悦男、第1&第5中継地点実況・清水大輔、第2&第6中継地点実況・戸崎貴広、第3中継地点実況・林正浩、第4中継地点実況・小笠原亘、チェックポイント実況&優勝インタビュー・初田啓介、第1&第4中継地点リポ&インタビュー・安藤あや菜、第2&第5中継地点リポ&インタビュー・古谷有美、第3&第6中継地点リポ&インタビュー・高畑百合子、天気・森田正光、スタート地点には枡田絵理奈がいた。
 昨年のようなゼットヒートがなかったから絶叫は昨年と比べると醜くはなかった。年末の格闘技がボクシングだけであったので、Dynamite!!組は伊藤・杉山・藤森はボクシング、赤荻も駆り出されボクシングであった。あぶれた初田と小笠原がこちらに回ってきたかぁ。二人とも取ってつけというかワークシェアでもらったという扱いだなぁ。駒田は不明、蓮見はニュース、ニューイヤー駅伝でかつてインタビュー等を担当した岡村仁美は大晦日にニュースを読んでいた。清原は天皇杯、宮沢はラジオでの競馬専門だからなぁ。女子アナでは新人女性2人のうち古谷が新たに担当したが新人らしいかんじであった。森田は初日の出番組に駆り出されたため途中から出てきた。 5.5
解説:メイン・瀬古利彦、増田明美、第1中継車・谷口浩美、第2中継車・金哲彦。まぁこんなもんかなぁ。 5.0
カメラワーク:特になしというか。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日清食品の期待のホープ高瀬無量くん、ステキです。
ますちゃん
2012/01/03 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューイヤー駅伝2011 日清食品が2年ぶりの優勝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる