スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップバレー 女子 日本対アルゼンチン戦

<<   作成日時 : 2011/11/07 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 バレーボールのワールドカップ女子第2戦は5日広島で行なわれ、日本はアルゼンチンにセットカウント3−0(25−19、25−11、25−20)で破り初勝利を挙げた。
 アルゼンチンは世界ランク20位で、南米2位のランクに当たる国で、初戦はドミニカ共和国に勝利したという。
 そんな国に対してイタリア戦で封じ込められた木村沙織が65%の決定率でバシバシ決め、岩坂や迫田の活躍も目立った。
 また第2セットでは竹下佳江が1プレーで2度もブロックをするという大変珍しい行為もあった。第2セットではこのほか4−3から荒木のスパイクから連続得点をして引き離して圧倒したが、このセットの途中から2枚替えでクレスコが出て来たが、この選手が途中から出てきてよかった。試合開始からでていたら苦戦は必死で、最初からでてきた第3セットはリードを奪われることもあったし。

採点はフジテレビ
実況:森昭一郎。熱血であり三宅ほど無駄な叫びはなかったが、妙に前のプレーを引きずる感があったなぁ。 5.5
解説:川合俊一、中田久美、吉原知子(コートエンド解説)。3人もいるかなぁ。 4.5
リポート:大林素子、竹下陽平。特になし。 5.5
インタビュー:アーは竹下陽平。新鍋&岩坂が選手では最初にしてきたなぁ。 5.5
カメラワーク:イタリア戦ほど山本愛は映してこなかったなぁ。 6.0
ゲスト:谷本歩実、佐藤愛子。聞く役は平井理央。バレーのレジェンドではなく、結局タレントからアスリートに変えただけかよ。 4.5
構成:ストレート勝ちなのに中継時間を15分延長する意義があるのかぁ?やたら伸ばしやがって。それとフジで放送されるフジの番組の出演者による応援はアスリートに変わっただけとは。 4.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールドカップバレー 女子 日本対アルゼンチン戦 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる