スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートGPシリーズ2011 中国大会フリー

<<   作成日時 : 2011/11/05 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦、中国大会の男女のフリー演技が行われ、男子はジェレミー・アボット(アメリカ)が228.49点でSP3位から逆転で優勝をした。織田信成は227.11点で2位、中国の宋楠で226.75点が3位、羽生結弦は226.53点の4位に終わった。SP1位のアルトゥール・ガチンスキー(ロシア)は222.54点の5位に終わった。
 男子のフリーは演技を完璧というか事実上のノーミスという人はいなかったといっていい。優勝したアボットですらジャンプで幾つかミスをしていたし、織田も減点があったし、羽生は後半ジャンプによる転倒が2度もあった。ガチンスキーはいきなり転倒した。3位の中国選手についてはSPもフリーも演技が放送されなかったのでなんともいえない。
 女子はSP1位のカロリーナ・コストナー(イタリア)が182.14点で優勝し、グランプリファイナル出場第1号選手となった。コストナーは決まれば見栄えがいいのを活かしフリーもトップで完全優勝。2位は長洲未来で173.22点であった。村上佳菜子は150.20点の6位であった。3位はアデリナ・ソトニコワ(ロシア)で2週連続ロシア選手によるシニアデビュー戦での優勝とはならなかった。
 村上はとにかくジャンプでミスが目立ち、回転不足や抜けたりとマトモにできたジャンプの方が少なかったといっていい。SPの時と比べると表情はよくはなっていたが...

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、清水俊輔(男子)。特にナイが、何故清水はSPを担当しなかったのか? 6.0
解説:荒川静香(女子)、田村岳斗(男子)。特になし。 5.5
リポート&インタビュー:竹内由恵。特になし。 5.5
スタジオ:松岡修造、荒川静香。特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケートGPシリーズ2011 中国大会フリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる