スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート ジャパンスーパーチャレンジ2011

<<   作成日時 : 2011/02/14 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月7日金曜日に日本ガイシアリーナでフィギュスケートのエキシビジョンの団体戦と銘打ったジャパンスーパーチャレンジ2011が行なわれ、2月13日午後4時5分から5時20分までフジテレビ系列で放送された。
 メンバーはブルーが織田信成がキャプテンで、浅田真央、村上佳菜子、木原龍一、町田樹、加藤利緒菜の6名、レッドが安藤美姫がキャプテンで高橋大輔、鈴木明子、羽生結弦、宇野昌磨、庄司理紗の6名の編成で行なわれ、審査は一般審査員と特別審査員4名(荒川静香、本田武史、小谷実可子、熊川哲也)で行なわれ、どちらのチームが会場を盛り上げたかで競うという。
 だいたいが、エキシビジョンのプログラムで滑っていたが、高橋大輔はショートプログラムで滑っていて失敗があった。観客アピールを考慮しまくっていた。浅田真央は観客にアピールするというより自分が一番楽しんでいるのが分かる滑りであった。
 安藤美姫はブロードウェーナンバーで滑り、帽子を上手く活用していたが、ジャンプでミスが出ていた。それと宇野がコメントでいい味を出していた。
 レッドが序盤リードを開いていたが、高橋と安藤のミスが出たためなのか最後はギリギリ(603−597)で逃げ切って勝利した。

採点はフジテレビ(制作は東海テレビ)
実況:小田島卓生。これくらいしかフィギュアしていないだろうと思われる感じだったなぁ。 5.5
解説:八木沼純子。特になし。 5.5
進行:国分太一、宮沢桃子。エキシだから別に必要以上にいわないが... 4.0
リポート:関根和歌香。特になし。 5.5
カメラワーク:演技終了後に違う角度のカメラが妙に目立った。 6.0
 特別審査員もコメントをしていたが、熊川が一番面白いコメントをしていた。小谷は意外とコメントはイケテイナカッタ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート ジャパンスーパーチャレンジ2011 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる