スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューイヤー駅伝2011

<<   作成日時 : 2011/01/01 18:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログを宜しくお願いいたします。
 ということで今年も一発目はニューイヤー駅伝です。
 群馬県庁と発着点とする全長100キロ、全7区間、37チームで行なわれる第55回全日本実業団対抗駅伝大会が行なわれ、トヨタ自動車が4時間51分56秒のタイムで初優勝を果たした、連覇を狙った日清食品グループは3位に終わった。
 今年は一昨年と同様にアンカー勝負と言う激戦でした。
 1区は`で3分10秒という信じられないラップを重ねた時もあったくらいスローペースで進み、調子の悪かった日清食品グループの北村聡らにとっては非常にありがたかったレースだったようである。最初に先頭に立ったカネボウの木原真佐人も途中遅れると言う事態になったりして、結局旭化成がトップ、東京電力グループが2位と健闘した。しかし東京電力はその後順位は下げていたが...
 2区は外国人が唯一出られる区間という事で、一気にスピードアップ。10000mの世界ランクだったかなぁ?6位から12位まで日本にいる外国人選手が占めていて、大会に出ていないヱスビー食品所属の一人を除く6名がこの区間を走っていたことになる。当然日本人は蚊帳の外に置かれ、外国人が何人抜いたかが注目を浴びたりした。
 3区はSUBARUがトップに立つもトヨタの高林がトップに立ち4区へ襷をつないだ。
 4区は日清食品グループの佐藤悠基がトップに立つと思ったが、トヨタの尾田に並んだと思ったら尾田に離され、結局トヨタがトップで襷をつないだ。
 5区は日清食品グループがトップ、ほぼ同じタイムで安川電機が続いた、3位にトヨタと続いた。
 6区は安川電機がトップで襷をつないだ。
 最終7区は安川電機のアンカーは飛松誠。帝京大時代から老けたルックスと独特の走りは話題になっていたが、30歳という事でいっそう老けていいオッサンになっていた。そんな飛松、富士通の福井が先頭、日清の小野、トヨタの熊本の3・4位が先頭の二人に追いつき4人で先頭集団を形成していたが、5キロ過ぎになると飛松が脱落し、優勝争いはトヨタ、富士通、日清の3チームに絞られ
 15キロ前で日清の小野がスパートを掛けたが、他の二人もついて行き、15キロになると今度は熊本がスパートを駆けて突っ走り優勝、2位には富士通、3位に日清食品グループ、4位に安川電機が入った。
 なお繰り上げスタートは第6中継所での警視庁のみで、この警視庁は今大会唯一の初出場チームであった。

採点は3区の途中まではTBSラジオ、以降はTBSテレビ
テレビ編
実況:センター・土井敏之、第1中継車・佐藤文康、第2中継車・椎野茂、バイクリポート・新タ悦男、第1&第5中継地点・清水大輔、第2&第6中継地点・林正浩、第3中継地点・戸崎貴広、第4中継地点・杉山真也。土井は新年一発目から最後で騒音かましたなぁ。あんだよあのゴールの実況は... 土井4.0 ほか5.5
解説:センター・瀬古利彦、1号車・谷口浩美、2号車・金哲彦、ゲスト解説・増田明美。いすぎだなぁ。 5.0
リポート&インタビュー:第3&第6中継地点・高畑百合子、第4中継地点・出水麻衣、第5中継地点・安藤あや菜、ゴール・青木裕子、優勝インタビュー・伊藤隆佑、天気・森田正光。伊藤と青木はDynamiteからの連続参戦か。 5.5
カメラワーク:特になしというか仕方ないか。 6.0

ラジオ編
実況:中村秀昭。特になしでいいか。 6.0
解説:佐藤信春、川嶋伸次。二人もなぁ。 5.5
ゲスト:諏訪利成。コメンテーターが3名もいると... 5.5
スタジオ:石川伸子。結局午後6時までいるんだろう。 5.5
リポート:情報・石井大裕、沿道・白井京子、波岡陽子、天気・大野治夫。沿道リポは前年まで担当していた中村愛美(GTOに出ていたタレントのほうではなく954情報キャスターだったほう)が出産に伴う降板により(といっても前日の午後は交通情報を担当していたが、交通情報もアレが最後だったのかなぁ?)、誰が出てくるかと思ったら、波岡でしたか。波岡はキャリアの割りに目立つほうではないが...白井は今回で6回目のリポだそうである。リポ自体は特になし。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
以前「高校ラグビー」が
1回戦からJNNの独占中継だった頃はTBSもアナウンサーの花園への派遣を余儀なくされた為(林,戸崎ら)、この駅伝中継の中継所実況にはJNN系列局のアナウンサーが派遣されていました。
その後は佐古や升田など、既にニュースキャスターの地位を確立していたアナウンサーが駆け出し時代スポーツ担当という訳で中継所に起用されていた時期もありました。
現在は「高校ラグビー」も地上波は準決勝以降からの放送だけになったおかげで(^_^;)、この中継もTBSのスポーツアナのみでスタッフが賄えるようになりました。
それにしても中村や清原(天皇杯実況)が関東ローカルだけなのが何とも勿体ないと思います。
新年早々長々と失礼致しました。
本年も宜しくお願い賜ります
2011/01/02 00:00
 あけましておめでとうございます。
 ニューイヤー駅伝は2年ぶりに見ました。3・4・7区を見ましたが、土井アナは最後は確かに接戦だったけれど、やっちゃいましたね。それまではまだよかったのに…。佐藤アナは絶叫がなかったのでまだよかったかな、椎野アナと新タアナはお得意の噛みが少なかったのでよかったかな、と思いました。他は見る限り特に何もなかったように思います。
 この時期は駅伝・サッカーが多いですが、見た試合に関して、またコメントを書いていきたいと思います。
 今年もよろしくお願いします。
マイルドスター
2011/01/02 13:17
 コメントありがとうございました。今年も宜しくお願いします。
 TBSもかつては高校ラグビーをしていましたね。今では準決勝と決勝だけですが、JNNの系列局アナが活躍していましたが、今ではTBSだけでまかなえるのはいいのですが、その分系列局の経験を積むのが減って困る局も出ましたね、プロ野球のある放送局はいいですが。中村はいつもこんな扱いですね、清原も似たようなものですし。
 駅伝で言うと、噛みが少なかったですね。佐藤は土井に取り上げられたから騒がなかったといっていいでしょう。その分土井がやってしまいましたが...
スプレー日記。
2011/01/02 18:10
青木アナさん。スポーツ担当者なら何かスポーツをしましょうよ。何か鈍そう。ジムにでも通って心身とも鍛えましょうよね。
阪神
2011/02/01 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューイヤー駅伝2011 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる