スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本フィギュア2010 女子ショートプログラム

<<   作成日時 : 2010/12/25 21:43   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの全日本選手権2日目が長野市のビックハットで行われ、女子のショートプログラムでは浅田真央が66.22点でトップに立ち5連覇へ向けて好スタートを切った。2位には安藤美姫、3位は村上佳菜子、4位には今年の全日本ジュニアチャンピオンの庄司理紗、5位に村主章枝、6位に世界ジュニア代表経験のある西野友毬が入りここまでが最終グループ入り、鈴木明子は7位。
 浅田真央は最初3回転アクセルをどうするかに注目がいったが、やや着地に怪しかったが決め、以降は今季では最高の演技を見せてくれた。安藤と比べるとどうかと思ったが上を行ったなぁ。
 安藤美姫はグランプリファイナル後に課題のショートプログラムを練習したことが分かる演技でミスはなかったように思えたが、もう少し行ってもいいかなぁと思ったが、それでも60点を超えた。
 村上佳菜子はミスはあったが、他は決めて60点は何とか超えた。
 庄司理紗はノーミスと言っていい演技でウカウカしていると食ってやるぞと言う感じがした。
 西野はもっと伸びていい選手であるが、これを期に羽ばたいてもらいたい。
 村主章枝はもう俺は引退していいんじゃないかと正直思うがそんなこと言わせないと言う演技で上手くまとめて5位。
 鈴木明子はジャンプで斜めったミスはあったが、それを差し引いてもチョット低い点数だなぁと思った。まさか最終グループ入りできないとは...
 そのほか放送された選手では大庭雅はジュニアの世界選手権出場が目標であるがどうなるか。51.54点の8位。
 数年前の全日本で賞を貰った石川翔子はここで転倒してもったいないという演技であったが、49.04点の10位で今年はフリー演技に進める(昨年はフリーに進めず)。
 鈴木春奈も石川と同じく佐藤門下であるが、結構やったほうかなぁ。46.62点の12位。
 今井遥は躍進が期待されたが、最初で躓いたのがまずかったのか思ったような演技ができずもがいていた感があったなぁ。45.96点の17位。
 中村愛音は中京大中京高校2年生と言うことで浅田、安藤の後輩で村上の1つ先輩に当るからか放送されていたが、42.82点の19位。
 一番滑走の上野沙耶は40.56点で25位という事でフリーに進めず。
 武田奈也は19位、澤田亜紀は24位でともにフリーには進めたが、もう期待されていないのか演技の放送がなされなかった。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。番組開始前から「開幕のジングルベルが鳴る」と早速ポエムを飛ばしてきたなぁ。ショートからポエム全開でフリーはどれだけかますんだと思ってしまうが、世界選手権は日本で行なわれるからまた塩原の実況批判の横断幕が出るぞこの調子でいくと。 5.0
解説:八木沼純子、荒川静香。キャスターと称する人が喋って少なくなっていたが、それなりに出来てはいたかなぁ。 6.0 
キャスター:高島彩、国分太一。二人ともポエムが振ったときだけでなく振らなくても演技が終わると割り込みやがって... 4.0
リポート&インタビュー:遠藤玲子、松村未央。表示上はこの二人であったが、鈴木芳彦らしき人物もインタビューしていたなぁ。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
構成:男子のショートプログラムと違い沢山の選手の演技が見られて良かったが、国分は特に邪魔。 5.0

塩原のポエム集:上記の他に第5グループ(安藤美姫、今井遥、村上佳菜子ら)の6分間練習時には「SP野望編」、最終グループの6分間練習時には「ロングタイムストーリー」、「明日へ続くフォリーナイト」、「クリスマスクライマックス苦しみます」と最後はダジャレまで出してきた。他にも色々でていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本フィギュア2010 女子ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる