スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第30回全日本実業団対抗女子駅伝

<<   作成日時 : 2010/12/19 23:10   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回で30回の記念大会となった全日本実業団対抗女子駅伝が岐阜県長良川競技場を発着点として開催され、24チームが参加した。天満屋が2時間14分35秒で大会初優勝を果たした。なお、今大会をもって岐阜での開催は終了となり、次回大会からは宮城で行なわれることとなる。
 レースは1区は3チームの争いに最終的になったが、ユニバーサルエンタテイメントの那須川瑞穂(昨年の東京マラソンの優勝者)がトップで襷を渡し、3区の3キロ近くまでトップに立っていた。
 3区10キロはエースが出揃い、結局ワコールの福士加代子がトップに立ち、区間賞もとったが、他のランナーは豊田自動織機が大学駅伝で4年連続区間新を更新した小島一恵、ホクレンは赤羽有紀子、天満屋は中村友梨香、三井住友海上は渋井陽子、シスメックスからは野口みずきも走っていた。ちなみにユニバーサルエンタテイメントは堀江知佳。野口は区間20位といい走りではなかった。
 4区はワコールがトップから落ち、アンカーに今回が駅伝最後という安藤美由紀が控えている第一生命がトップに立った。
 5区は最長区間で第一生命は世界ハーフの代表であった野尻あずさが区間同タイム2位(同タイムだったのは三井住友海上の大平美樹)ではあったが、天満屋の重友梨佐が区間賞の走りをして野尻を抜いてトップに立ち、最終6区も天満屋は浦田佳小里が区間賞の走りをしてトップでゴールインした。
 2位には第一生命、3位には豊田自動織機、4位に新谷仁美がアンカーで快走したユニバーサルエンタテイメント、5位に昨年優勝の三井住友海上、24位の小島プレスは放送時間ギリギリでゴールした。
 第一生命は昨年の世界陸上銀メダリストの尾崎好美がメンバーに入れなかったことが痛かったなぁ。

採点はTBSテレビ
実況&リポート:センター・椎野茂、第1中継車・佐藤文康、第2中継車・土井敏之、バイクリポート・新タ悦男、第1&第5中継地点・岡村久則(静岡放送)、第2中継地点・伊藤隆佑、第3中継地点・近藤享(毎日放送)、第4中継地点・角上清司(CBC)。テレ朝の全日本大学駅伝ほどではないが、新タのバイクリポ等で指揮系統がどうなっているのかというのは...と感じた。椎野は多少混乱は見受けられた。中継地点では近藤が一番良かったかなぁ。角上はがっつリしていたなぁ。それと比べると岡村と伊藤はやや落ちの感が見えたが問題視するまでもないか。 5.5
解説:第1中継車・増田明美、第2中継車・千葉真子。特になしと言うか...増田はうるさくはなかったからいいが... 5.5
リポート&インタビュー:高畑百合子(優勝インタビュー&監督リポート)、安藤あや菜(3区区間賞インタビューと3区のランナーの走り終えたリポート)。安藤はかつての山縣苑子のように契約上出ていると思われるが必要だったのかなぁと思う。アレだったら近藤享がすればいい話と俺には思えたが。リポートやインタビュー自体は特にこれと言ってなし。 5.5
カメラワーク:1区から3区のテロップ出すなよ。 5.5
 今回初めてこの大会を採点しましたがこんなものかのかなぁ?いつもは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第30回全日本実業団対抗女子駅伝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる