スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート ジャパンオープン2010

<<   作成日時 : 2010/10/02 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートの2010〜2011シーズンの前哨戦ともいえるジャパンオープンが行われ、日本が2大会振りの優勝を飾った。
 日本は小塚崇彦、高橋大輔、安藤美姫、浅田真央。北米はジェフリー・バトル(カナダ)、アダム・リッポン(アメリカ)、シンシア・ファヌーフ(カナダ)、ジョアニー・ロシェット(カナダ)。欧州はミハル・ブレジナ(チェコ)、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ユリア・セベスチャン(ハンガリー)、サラ・マイヤー(スイス)の1チーム男女2名ずつの合計4名で構成され、フリー一発の得点の合計で勝敗が決まる。
 日本は高橋は4回転フリップは成功したが、それ以外のジャンプでミスが出たりしていた。浅田はジャンプでミス連発で100点を切るという停滞であったが、それまでの3名の貯金を生かして0.13ポイント差で逃げ切った。
 北米はバトルはブランクがあった感じであったが、リッポンは特にミスなくパーソナルベストをマークして男子6選手の中では最高得点(166.63点)を出した。
 ファヌーフはともかく、今季はこの大会しかでないと明言しているバンクーバー五輪銅メダリストのジョアニー・ロシェットは上手くまとめて追い上げたが日本を抜くまでには至らなかった。ただ女子選手では最高得点(122.71点)をマークした。
 欧州勢は出場停止問題で揺れるプルシェンコが出場したが、やや精彩に欠けた感があるかなぁという感じである。ジャンプでミスが出たからなぁ。あとはこれといってなぁベテランが多い印象のチームであった。
 そのほかゲストとして荒川静香、リード姉弟、本田武史が演技を披露していた。
 ちなみに得点は以下の通りである。
 日本(517.36点。小塚150.71点、高橋159.19点、安藤115.02点、浅田92.44点)
 北米(517.23点。バトル128.39点、リッポン166.63点、ファヌーフ99.50点、ロシェット122.71点)
 欧州(460.11点。ブレジナ134.90点、プルシェンコ151.00点、セベスチャン81.48点、マイアー92.73点)

採点はテレビ東京
実況:小島秀公。特になし。 6.0
解説:佐藤有香。コーチをこのところしているためなのかその面が出る場面があったなぁ。 6.0
リポート:大橋美歩、秋元玲奈。相内優香はどうしたのか? 5.5
インタビュー:アーは大橋美歩。選手はリラックッスしていたというかなんと言うかなぁ... 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
ゲスト:伊藤淳史、谷口美月。番宣での出演であったが、以前北大路欣也が出演した時に演技中に小島が話をかけて切れたことがあって以来ゲストの話は最初は男子の終了後、全体の終了後だけになったなぁ。 5.0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケート ジャパンオープン2010 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる