スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第87回箱根駅伝予選会

<<   作成日時 : 2010/10/16 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 第87回箱根駅伝の予選会が立川で行なわれ、9校の出場が決まり、これで出場20チームが決定した。
 有力選手では昨年の予選1位である東海大の村澤明伸が怪我の回復が送れ欠場、日大のキャプテンである笹崎も欠場した。
 レースは拓大初の留学生であるジョン・マイナと日大のガンドゥ・ベンジャミンの二人が飛び出し二人旅を展開、3番手以下は日本インカレ10000m3位(ちなみに1位はベンジャミン、2位は東海大の村澤)の東海大の早川翼や学生10000mの最速タイムの上武大の長谷川祐介らが集団を形成した。10kあたりでベンジャミンがスパートを掛けたが、マイナに追いつかれ逆転されてマイナが58分23秒でゴール、ベンジャミンは20秒遅れでゴール。
 日本人トップは14キロあたりで抜け出た早川翼であったが1時間を切れず1時間00分03秒の3位でゴール。4位は長谷川祐介。
 コースは昨年と若干替わった模様である。

ということで予選会順位は

1位 拓殖大学
2位 國學院大學
3位 帝京大学
4位 中央学院大学
5位 上武大学
6位 東海大学
7位 日本大学
8位 神奈川大学
9位 専修大学

 以上9校が本戦出場を決めた。拓大は2年ぶり、神大も2年ぶり、国学院大が4年ぶりの出場という結果になったが、前回の出場校のうち法政大学(10位)、大東文化大学(11位)、亜細亜大学(12位)の3校が今度の箱根駅伝の出場を逃したことになる。大東文化大学は連続出場が43で途切れた。前回連続出場が途切れた順天堂大学は13位でこちらも2年連続で出場を逃した。
 拓大は監督に82回大会で亜細亜大学を優勝させた岡田正裕氏が今季から就任して1年目で出場させた。岡田監督は亜細亜大学を定年延長を数年行い退任していたんだなぁ。かつてはニコニコドーで松野明美を指導した人でもある。拓大は以前ソウル五輪の1万m&5000bに出場した米重修一が監督を務めていたが、既に辞めていたのかぁ。亜細亜大も岡田の前には2区等で区間記録を長らく保持していた大塚正美の後釜という事で年少者の後釜が続くなぁ岡田氏は。

採点は日本テレビ
実況:矢島学。特になし。 6.0
解説:碓井哲雄。特になし。 5.5
リポート:佐藤良子。特になし。 5.5
カメラワーク:ややという面があった。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第87回箱根駅伝予選会 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる