スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界ジュニアフィギュア2010 男女シングルアベック優勝

<<   作成日時 : 2010/03/15 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界ジュニアフィギュアスケート選手権がオランダのハーグで行なわれ、男子で羽生結弦が合計216.10点でSP3位からの逆転で優勝、女子では村上佳菜子が合計165.47点でSP2位から逆転で優勝、日本の男女がアベック優勝するのは2005年に男子で織田信成、女子で浅田真央が優勝して以来5年ぶり2度目。女子は浅田真央以来となる優勝、男子は2006年の小塚崇彦以来となる優勝であった。
 またペアでも高橋成美、マービン・トラン組が合計157.23点で2位の銀メダルで川口悠子、マルクンツォフ組以来となる9年ぶりの日本人のメダル。ちなみに優勝は中国ペア。
 羽生はSP2位であったが、フリーで147.35点を出してフリー1位で逆転、本人もコーチも得点が出たときに非常に驚いていた、予想以上の得点が出たということかな。
 男子の2位は中国のナン・ソン(205.25点)、3位はロシアのアルトゥール・ガチンスキー。
 女子の村上はショートプログラムでエッジをつかんだ時に手を切るアクシデントがあったが最後まで滑りきった。流血といえば、五輪では長洲未来が鼻血を出していたなそういえば。
 女子の2位はSP8位であったアメリカのアグネス・ザワスキー(156.79点)、3位はロシアのポリーナ・アガフォノワ(154.27点)。なおSP1位であったアンナ・オフチャコフ(ロシア)は転倒2回が響いて5位、4位もロシア選手であった。
 しかし日本は男女のシングルとペアで1組ずつの出場であったが、全員メダルを取るとは思わなかった。ジュニアグランプリファイナルで男女シングルで優勝をしているとはいえ男子のシングルで優勝するとは...ペアでも銀とは...ペアは全日本選手権にこのペアしか出場しなかったから来年2枠にペアは増えるが、誰か挑戦するのが出てくるのかな?それとも来年は出場なしになるのか?
 そういえば、村主章枝がスポンサーを募って現役続行の意思を示していて見つからなければ引退もという感じであったが、村主は12月の全日本でこの村上(5位)より順位が下(6位)だったんだよな。だから年齢的にも言ってもういいだろう。村上に引導渡されたようなものだから引くなら今だぞ。妹もとっくにプロ転向したんだから姉もプロに転向したらいいんじゃないのか。

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫(女子、ペア)、鈴木芳彦(男子)。ポエムは特になしであるが、鈴木は男子だからまぁいいか、アイスダンスだと減点対象になるかもしれないが... 6.0
解説:八木沼純子(女子、ペア)、本田武史(男子)。本田はいつもよりかいい方かな。 6.0
インタビュー:特になし。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
 国分がいなかったから非常にすっきりしたよ。ついでにウッチーもいなかった。放送時間は1時間25分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界ジュニアフィギュア2010 男女シングルアベック優勝 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる