スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートGPファイナル2009 男女ショートプログラム

<<   作成日時 : 2009/12/04 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケート’09’10シーズン前半のトリといっていい、グランプリファイナルが開幕していますが、男女シングルのショートプログラムが4日行なわれ、男子は高橋大輔、女子は安藤美姫がトップに立った。
 男子はブライアン・ジュベールが怪我のため欠場となりトマシュ・ベルネルが繰り上がり出場となったが、急遽ということもあったのか、最初のジャンプが成功してこれはいけるかと思ったが以降はダメであった。ウィアー、高橋、ライサチェク、織田といった辺りは最高の演技をして信じられない得点を出していた。
 男子は高橋大輔89.95点、エヴァン・ライサチェク89.85点、織田信成87.65点、ジョニー・ウィアー84.60点、ジェレミー・アボット76.65点、トマシュ・ベルネル70.17点。
 女子は安藤が3回転3回転ジャンプが3回転2回転になった他はGPシリーズ中よりかは全般的に安定していた。キム・ヨナは序盤のフリップジャンプで抜けていた他はそんなに悪いとは思わなかったが、安藤よりかは点が低くなったが、加点項目が少なかったのか。鈴木明子は回転不足もあったようではあったが、意外と得点は伸びず会場からは不満が飛び交ったようである。レオノワは安定していてパーソナルベストを更新した。
 女子は安藤美姫66.20点、キム・ヨナ65.64点、アリーナ・レオノワ61.60点、ジョアニー・ロシェット60.94点、鈴木明子57.54点、アシュリー・ワグナー54.26点。

採点はテレビ朝日
実況:森下桂吉(女子)、進藤潤耶(男子)。特になし。 6.0
解説:荒川静香(女子)、佐野稔(男子)。特になし。 6.0
リポート&インタビュー:堂真理子。堂が戻ってきたか。 5.5
カメラワーク:特になし。 6.0
キャスター:松岡修造。相変わらず何か勘違いしていて、実況アナに期待する発言がおかしい。 4.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィギュアスケートGPファイナル2009 男女ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる