スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア2009 女子フリー

<<   作成日時 : 2009/03/29 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界フィギュア2009、女子フリー演技が行われ、SPトップだったキム・ヨナがフリーでも1位(131.59点)で合計207.71点で国際大会では初めて200点台の大台に乗せた。2位はカナダのジョアニー・ロシェットで191.29点、3位はフリー2位であった安藤美姫で190.38点、浅田真央は188.09点の4位でシニアの試合で初めて表彰台を逃した。村主章枝は164.58点の8位でSPから1つ順位をあげた。
 キム・ヨナは初優勝で3年連続の表彰台、ロシェットは初の表彰台(過去は五輪同様5位が最高)、安藤は優勝した2年前以来の表彰台でした。
 日本は女子もバンクーバー五輪出場枠3つを獲得した。女子で出場枠3つ獲得は日本のみ(トリノ五輪は日本、アメリカ、ロシアが出場枠3を獲得、ロシアは五輪は結局2人しか出なかったけれど)。2つは韓国(キム・ヨナが1位、キム・ナヨンは11位以下)、アメリカ(フラット5位、シズニー11位)、カナダ(ロシェット2位、もう一人は10位以下)、フィンランド(レピスト6位、ポイキオ13位)、ロシア(レオノワ7位)、スイス(マイアー9位)、グルジア(ゲデバニシビリ10位)の7カ国、イタリアはコストナーが12位であったために五輪の出場枠は1つになった。男子は2つなのに。
 このところ世界選手権とGPファイナルはキム・ヨナ、浅田真央、カロリーナ・コストナーの3人が順位こそ違えど表彰台を独占していたが、今回は崩れた。浅田真央がSPで崩れたのをフリーでも挽回できずフリーでも転倒、一方キム・ヨナはフリーでも飛べないミスはあったが、そんなのあったのかというくらいミスの印象が薄い。コストナーはキム・ヨナの演技のすぐ後だったからかジャンプは抜けまくり、転倒もあってまさかの90.38点でSP5位から大きく順位を落とし12位に終わった。ロシェットと安藤がSPに続いてフリーでも良くこの2人が表彰台にあがった。
 個人的に驚いたのはグルジアのエレーネ・ゲデバニシビリでフリーでも100点を超えた(103.66点)。年齢ギリギリで出場できたトリノ五輪(10位)以来マトモに演技が出来たといったところかな。五輪後はなっていなかったからな。今年の世界ジュニアでフリーは崩れたがSP1位であったからそれで復調のきっかけを掴んだのかな?

採点はフジテレビ
実況:塩原恒夫。思ったよりポエム爆発とはいかなかったかな。国分に演技終了後に振ることもなかったし。 6.0
解説:八木沼純子、荒川静香。特になし。 6.0
カメラワーク:特になし。 6.0
リポート&インタビュー:国分太一、内田恭子、遠藤玲子。特になしであるが国分とウッチーはキャスターとしての採点は今回はキャスターとしての仕事をしていないに等しいために採点しません。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界フィギュア2009 女子フリー スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる