スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア2009 男子フリー 日本男子、バンクーバー五輪3枠獲得

<<   作成日時 : 2009/03/27 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界フィギュア2009の男子シングルのフリー演技が行なわれ、地元アメリカのエヴァン・ライサチェクがSP2位から逆転で初優勝。2位にはカナダのパトリック・チャン、3位はSP1位であったブライアン・ジュベール。日本勢は小塚崇彦が6位、織田信成が7位、無良崇人が15位という事で上位2人、小塚と織田の順位をあわせると13という事でギリギリではあるが来年のバンクーバー五輪&来年の世界選手権の出場枠3つを獲得した。
 無良は転倒もあったし合計194.97点で初参加15位に終わった。織田は4回転は決めたのであるが、またもや跳び過ぎ違反を犯すというミスがあった。順位が落ちなかったからいいが、ぞっとしたよ。今大会の日本勢はメダル獲得よりも出場枠3確保が最大の使命だったからな。
 日本以外ではアメリカが3枠獲得(優勝のライサチェク、ブランドン・ムロズが8位で合計9)。カナダはチャンが2位でボーン・シブールが12位であったために合計14、上位2人の順位の合計が13以内でないと出場枠3は獲得できないために、カナダの男子シングルは地元なのに出場枠は2で戦うこととなった。
 最終滑走ですが最初のパトリック・チャンが四大陸優勝の実力を発揮して155.03点の合計237.58点をマーク、次にフランスからイタリアに国籍を変更したサミュエル・コンテスティが会場を乗せてしまい、コミカルな演技内容でエキシビジョンでもおかしくない内容に感じました。合計は226.97点で5位、小塚は3枠獲得のために4回転を封印し、ジャンプでは完璧ではなかったが、他は良く合計222.18点とSPから順位を1つ落としたが6位になった。
 トマシュ・ベルネルは昨年の世界選手権と比べると大分良くなったが、後半ミスが出てしまったのがもったいなかったかな。それでもフリーでは151.35点のSBを出して合計231.71点の4位。そして地元のエヴァン・ライサチェクはほぼ完璧な演技で会場も味方につけてSP2位から逆転で優勝、最後はジュベールであったが、4回転は決めたが、転倒もあったりして合計235.97点で3位に終わってしまった。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。いつもより変に興奮しているようであったし、ポエムらしきことをしていたようであるが、ポエム塩原よりかはポエム力はないんだよな。 5.5
解説:本田武史、荒川静香。さすがに織田の跳び過ぎはすぐに指摘できていたな。 6.0
カメラワーク:ショート見たいな危ない場面はなかったかな。 6.0
キャスター:国分太一、内田恭子。そもそも国分の登場の意義があるとは思えない。まぁ今回は演技終了後にイチイチ出てこなかったからいいが。 5.0
リポート&インタビュー:遠藤玲子。特になし。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界フィギュア2009 男子フリー 日本男子、バンクーバー五輪3枠獲得 スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる