スプレー日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界フィギュア2009 男子ショートプログラム

<<   作成日時 : 2009/03/26 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 バンクーバー五輪の出場枠を懸けた世界フィギュア2009ですが、男子のショートプログラムが行なわれた。
 トップは欧州王者で2年前の世界王者のフランスのブライアン・ジュベールで84.40点、4回転で転倒こそなかったが完璧ではなかったのであるが、点はそんなに影響しなかった模様でトップに立った。
 2位につけたのは地元アメリカのエヴァン・ライサチェクでこちらはミスも特になく完璧な感じであったが、82.70点の2位。
 3位は優勝したら史上最年少となる18歳になったカナダのパトリック・チャンでこちらも完璧であったと思うが、意外と点が伸びず82.55点であった。得点発表後には点が思ったほど低いと感じた会場からブーイングが起きていた。
 4位はチェコのトマシュ・ベルネル。3年前の東京で行なわれた世界選手権のエキシビジョンでハチマキを逆に巻いていた人といえば分かりやすいかな。80.36点。
 5位は小塚崇彦。日本勢ではトップで出来れば80点を超えたかったが意外と点が伸びていなかったところかな。フリーではひとつでも順位を上げていきたいところだな。 79.35点。
 織田信成は序盤で転倒があった影響もあって76.49点の7位、無良崇人は70.35点のSBであったが、13位スタートとなった。

採点はフジテレビ
実況:西岡孝洋。国分が割り込んでいなかったからな。 6.0
解説:本田武史、荒川静香。本田は演技中は技の名前だけという場面はあったけれど終了後はマシになってきた。 6.0
カメラワーク:空いた所からカメラを置いていたが、織田が転倒するときなど危なく感じた。 5.5
キャスター:国分太一、内田恭子。国分は演技後に割り込んでこなかったのはよかったのであるが... 5.0
インタビュー:アーは国分太一。特になし。 5.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界フィギュア2009 男子ショートプログラム スプレー日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる